2017年 駅伝シーズンに向けて ~国士舘大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、最後は国士舘大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。前年度は全日本で6年ぶり、箱根で3年ぶりの出場と素晴らしいシーズンになりました。本戦では苦杯をなめることとなりましたが・・・出場しないことには始まりませんからね。

 

箱根は出場こそ果たしたものの最下位に沈んでしまい、2年連続の通過を目指した全日本予選では、13位で予選落ち…3大駅伝出場権はまだ確保出来ておらず、2年連続の箱根出場を目指し、箱根予選に臨むことになります。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・三田八巻辻田守屋本多

3年・・・住吉、多喜端、藤江、戸澤高田、内山

2年・・・福田

1年・・・ギトンガ、加藤

 

現在の戦力を見る限りはどうしても上級生中心になってきますよね。中でも3年生がチームの中心になります。箱根経験者は7人(青色)おり、全員エントリーされると予想。エースの住吉を筆頭に前回の箱根2~8区の経験者がズラッと揃います。しかし、この7人がいずれも区間19~20位に沈んでいるんですよね。。。まずはまずは箱根予選をきっちりと突破し、リベンジを果たして欲しいところ。

 

箱根予選経験者は3人(橙色)おり、いずれも4年生。今回もエントリーされてきそうかなあ。ともにチーム下位ではありましたが、三田が119位、守屋が143位、辻田が149位ではまとめていますし、3年生が注目される中、4年生も負けずに活躍して欲しいですね。前回の箱根予選は5人出場して、8~12位とワースト5を独占してしまうという状況だっただけに、最終学年に賭ける思いも強いことでしょう。

 

今年度の全日本予選に出場した選手は3人(赤色)おり、こちらもエントリーは濃厚かなあ。国士舘の不沈の鍵を握るのは、ギトンガかもしれませんね。これまで、他の留学生選手と比べると、関東インカレも全日本予選も正直結果を残せていません。元々は短い距離が得意ということで、20kmへの不安も残りますね。一方で日本の環境にも長い距離にも慣れてきて、エース級の働きをしてくれれば、前回から大幅な戦力アップとなります。

 

同じくルーキーの加藤も1組25位とまずまず、個人的には想像以上の走りでした。加藤が即戦力となってくれれば、大きいですね。高田は全日本予選2組36位と苦戦…前回の箱根ではエントリーされていることもあって14人には予想しましたが、ハーフも66分台ですし、枠を争う選手の1人かなあ。

 

ここまでで13人、残る1人ですが…前回の箱根にもエントリーされた3年の内山としました。ハーフも65分台を持っていますし、今年度5000mでベストを出しているのも良いですね。他にも4年生はハーフで65分台を持っている谷村、岩崎らがいますし、4年生の走りも大事になってきそうです。

 

今年度も箱根出場を争うボーダーの1校となるとは思いますが、前年度の戦力と比べると餅崎や石井ら主力が卒業した一方、戦力の上積みとなるともう一歩かなあ。。。ルーキーも楽しみですがまだまだ未知数ですし、やはり上級生がどれだけやれるかですね。箱根連続出場となると2008、9年以来となります。継続的なチーム強化のためにも、是非とも連続出場を勝ち取って欲しいです!!


PAGE TOP