2017年 駅伝シーズンに向けて ~日本体育大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は日本体育大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。箱根では2年連続7位でシード獲得の一方、全日本では2年連続2ケタ順位&今回は予選落ちと苦戦が続いています。日体大記録会(PDF)のエントリーも出ていますね。久しぶりの記録会ということで人数が凄いことに。。。

 

前年度は箱根7位で出雲と箱根の出場権を獲得したものの、前回3位通過を果たしていた全日本予選はベストメンバーを組めず、出場した選手も力を出しきれずに10位でまさかの予選落ち、全大学で唯一の出雲&箱根のみに出場するチームになってしまいました。箱根にエントリーされる16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・小町、冨安、吉田、城越、辻野、住田

3年・・・宮崎室伏林田、三原、森崎

2年・・・中川山口、小縣

1年・・・岩室、池田

 

箱根経験者である7人(青色)おり、全員エントリーされると予想。特に経験者が5人揃う4年生がしっかりと走れるかどうかが日体大の鍵を握ることになりそう。実際、足並みが揃わなかった全日本予選はチームとしても大苦戦でしたし。。。5人とも1万mで28分台を持つ選手ですからね。箱根では元気な姿を見せて欲しいところ。

 

今年度の全日本予選に出場した選手は5人(赤色)おり、いずれもエントリーされると予想。箱根経験者が7人いるにも関わらず、箱根未経験者が5人も出場しているというところからも、全日本予選の苦しい状況が伺えます。5人の中でも出雲、全日本に出場している宮崎が実績でも持ちタイムでも抜けていますね。ここで最も評価を高めたのが山口、いきなり最終組に抜擢されての18位、自己ベストとなる29分12秒の走りは素晴らしかったです。

 

他にも2年の小縣、ルーキーの岩室といった新戦力の台頭も見られ、ともに長い距離はまだ未知数ではありますが、メンバーに入ってきてほしい選手ですね。ここまでで12人、残る4人が難しいところですが…前回もエントリーされている4年の住田、3年の三原はやはり入ってきそうかなあ。特に三原はハーフも63分55秒まで伸ばしていますし、16人には少なくとも入ってきそう。

 

さらに、持ちタイムでは1万mで29分28秒、ハーフで64分14秒を持つ森崎あたりも入ってくるかもと思って16人に入れてみました。残る1人はルーキーの池田としました。トラックシーズンはあまり姿を見せていなかったのが気になりますが、高校時代から活躍していた選手ですしね。ルーキーも最低2人は入ってきて欲しいですよね。

 

他にも、ハーフで63分台を持つ馬場や箱根予選経験者である白永、重松といった4年生もメンバー争いに加わってきそうな選手ですよね。ただ、あまりにも4年生が多すぎるのも…という思いもまって外してはいますが、やはり4年生が質・量ともに抜け出た中心学年であることは間違いないでしょう。

 

出雲と箱根出場となると、間が3ヶ月近く空いてしまうのは気になりますが、昨年度も出雲は6位、箱根は7位とともにしっかりと結果を残しています。全日本予選のようなことが無いように、駅伝シーズンにはしっかりとベストメンバーで臨み、前年度以上の活躍を期待したいところです!!


PAGE TOP