2017年 駅伝シーズンに向けて ~順天堂大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日順天堂大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。やはり、箱根で6位、4位と2年連続で結果を残しているのが光りますね。エースの充実ぶりも順大をより魅力的なチームにしています。

 

出雲、箱年の出場権は前年度の箱根4位でもちろん獲得、唯一全日本はまさかの出場さえ果たせず…今年度の全日本予選も8位と下位通過で薄氷を踏む思いでした。とはいえ、これで4年ぶりの3大駅伝フル出場を果たすこととなります。箱根16人エントリー候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・栃木花澤、中村、城西

3年・・・塩尻金原、馬場、吉岡、山田攻江口

2年・・・野田、橋本、難波小畠

1年・・・清水、野口

 

箱根経験者は6人(青色)いますが、いずれもエントリーされそうかなあ。塩尻、栃木といったダブルエースに箱根5区で好走した山田攻らが揃っています。2年生トリオは、全日本予選で野田、橋本がもう一歩だったりとちょっと存在感を見せられていないかなあ。

 

箱根予選経験者は4人おり(橙色)こちらも全員エントリーされると予想。中でも、やはり注目は花澤かなあ。全日本予選でも2組で一人飛び出してトップと見事な走りを見せていますし、未だ出場出来ていない箱根の舞台、最後に立ってくれれば。中村、金原らは前回の箱根もエントリーされていますし、そろそろ10人にも入ってきて欲しいところですね。

 

今年度の全日本予選に出場した選手は2人(赤色)おり、こちらもメンバーに入ってきそう。小畠はハーフが67分台なのは気になりますが、1万mでベストも出していますし、出場は厳しくとも16人に入ってくるのでは無いかと。清水はやはり高校時代からロードでの実績が抜群なのが頼もしいですね。1万mも既に29分20秒をマークするなど強さを見せています。

 

ここまでで12人、残る4人ですが…1,2年時に箱根16人に入ってきている4年の城西、3年の馬場はメンバーに入ってきそうかなあと。さらに、前回の箱根にエントリーされた吉岡も入ってくると予想しています。ただ、ここ最近はいずれも目立った走りを見せられていないのが気がかりかなあ。。。他の選手が台頭してくるようであると、メンバーから外れてしまうかも。ハーフベストは城西が確か未出場、馬場と吉岡はいずれも66分台ですしね。

 

1年生は2人くらいは入ってきそうということで、スピードのある野口にしてみましたが…1500mや短い距離に強い選手ですし、長い距離にルーキーから対応してくる選手が他にいれば、そちらが選ばれるかも。10人はある程度予想しやすいですが、16人となると誰が選ばれるのかと悩むこととなり…そこら辺から見ても、選手層はまだまだ薄いのかなあと感じています。

 

ただ、前回の箱根で2~7区を走った選手が残っているのが心強く、中でも重要区間となる2,4,5,6区がいずれも10位以内、特に2区5位の塩尻、4区区間賞の栃木は強力です。やはり好走した選手が何人もいるというのはチームにとって大きなアドバンテージですね。全日本予選はもう一歩奮いませんでしたが、3大駅伝では過去2年、いずれも一桁順位と本戦では安定した成績を残していますし、続く駅伝シーズンも大舞台での強さを見せて欲しいです!!


PAGE TOP