2017年 駅伝シーズンに向けて ~中央学院大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は中央学院大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。前年度はなかなかベストメンバーが組めなかったにも関わらず、3大駅伝全てで6位以内、チームとしても飛躍を遂げた1年となりました。

 

出雲は4位で過去最高の成績…だったはず。全日本も5位で8年ぶりのシード権を獲得、箱根も各区間で大きく崩れることはなく、6位で3年連続のシードを獲得しています。その結果、2年連続での3大駅伝出場、今年度も戦力は充実しており、さらなる上位進出が期待されます。箱根にエントリーされる16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・大森、細谷、新井、坂元、水野

3年・・・光武、市山、樋口福岡、釜谷

2年・・・高砂、横川、藤田

1年・・・高橋、戸口

 

箱根経験者である8人(青色)おり、いずれも前回の箱根を経験している選手ですね。エースの大森、高砂に5,6区で好走している細谷、樋口など箱根でさらなる上位を狙うチームにおいて、欠かせない選手が揃っています。他にも、トラックシーズンでは、13分台に入った新井や14分3秒を出した廣が目立っていました。今回もエントリーされるであろう主力たちが揃っています。

 

出雲、全日本経験者は2人いますが、今回は1人(赤色)だけエントリーと予想しました。福岡は全日本で7区9位、箱根もエントリーされていますからね。ハーフも63分47秒を持っていますし、エントリーだけではなく10人に入って欲しい選手です。森田は1年の全日本に出場していますが…もうずっと好走している姿を見せていないですからね。今年度もギリギリ14分台で走ったくらい…復活は正直厳しそうかなあと。

 

ここまでで9人、残る7人ですが…4年生からは前回もエントリーされている坂元と前回の全日本でエントリーされている水野の二人。ともにハーフは64分台、選手層を厚くしてくれる選手たちですね。最後の箱根も出場して欲しいところ。3年生からは、今年度ともに好調の光武、市山に釜谷の3人と予想。

 

光武は、1年時にハーフで64分6秒をマークするも、なかなか3大駅伝エントリーを果たせていませんが、今年度は5千、1万mともにベストを更新、1万mは29分20秒まで縮めてきました。市山に至っては、ハーフ63分31秒のタイムに加えて、関東インカレ2部ハーフも6位入賞していますからね。もうエントリーだけではなく、10人に入ってくるであろう選手です。釜谷もハーフは64分台に載せてきていますし、こちらも16人に入ってきてくれれば。

 

2年生は3大駅伝経験者の高砂、横川、藤田の力が抜けているため、他の選手のエントリーは難しそうかなあ。1万mで29分台の長山あたりには期待したいところですが。1年生は、既に1万mで29分40秒をマーク、関東インカレ2部3000m障害で3位に入るなど活躍を続ける高橋と、高校時代の実績も豊富で14分18秒のベストを持つ戸口の二人としました。中央学院のことですから、また夏合宿を経て新たなルーキーの台頭にも期待です。

 

3大駅伝経験者はもちろん、未経験者にも楽しみな選手が揃っていますよね。勝負レースで実績を残している選手も多いですし、まずは出雲から暴れて欲しいですね。総合力では昨年度以上とも思える戦力を有しているだけに、一つでも上の順位を、あわよくば優勝争いに絡んでいくような活躍、期待したいです!!


PAGE TOP