2017年 駅伝シーズンに向けて ~青山学院大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は青山学院大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。まあ、見るまでもなく、前年度は箱根3連覇&3冠という史上初の偉業を成し遂げた絶対王者、毎年戦力ダウンが騒がれながらも、新戦力の台頭により、圧倒的な選手層を誇っています。

 

次に目指すは、2年連続の3冠&箱根4連覇ということになりますね。過去2年と比べれば、関東インカレや自己ベスト更新具合を見る限り、さすがに戦力ダウンしているようにも思えるのですが、果たして…?箱根駅伝にエントリーされる16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・田村、下田、中村祐、貞永吉永、近藤

3年・・・梶谷、橋詰、橋間、森田、富田、林、小野田

2年・・・鈴木

1年・・・吉田圭、神林

 

箱根経験者は全部で7人(青色)となっていますね。過去2年、力のある世代だったこともあって、経験者は少なめかなあ。もちろん、コンディションなど問題無ければ、全員エントリーされてくることでしょう。エース格の田村、下田に箱根駅伝で好走した梶谷、森田、小野田ら主力が揃っています。ここら辺の選手は特に心配はいらないでしょう。

 

出雲、全日本経験者となると、グッと減って2人(青色)おり、こちらもエントリーされそうかなあ。全日本で3区5位と走り、前回の箱根も16人メンバー入り、ハーフも63分36秒を持っていますからね。一方の鈴木も万全であれば前回の箱根も走っていたでしょうし、1万m28分31秒、ハーフ62分55秒の持ちタイムに加えて、勝負レースでの実績も豊富です。

 

ここまでで9人、残る7人を各学年ごとに見ていくと…やはり、3,4年生が多くなることは間違いないでしょう。4年生からはハーフで62分台を出してきた近藤あたりはエントリーされそうかなあ。年々タイムを伸ばしてきており、最後に一花咲かせてくれれば。

 

3年生からは、関東インカレ2部1万mで6位入賞など今年度のトラックシーズン最も活躍した選手であろう橋詰、1万mで29分8秒、ハーフも63分台を出している橋間、前年度は出雲、全日本にエントリーされ、ハーフも63分24秒まで縮めてきた富田、前回の箱根にエントリーされ、ハーフも63分45秒を持つ林と4人がエントリーされると予想しました。中でも橋詰は他の3大駅伝に勝るとも劣らない力を既に身につけているでしょうし、主要区間への抜擢も十分ありそう。

 

2年生からは、鈴木以外のエントリーは難しそうかなあ。。。短い距離で結果を残している生方はまだハーフ66分台ですし…むしろ、ハーフ63分台の吉田祐の方がエントリーには近そうかな?ちょっと、他の学年に比べると台頭してくる選手が少ない印象です。

 

1年生からは無難に13分台コンビの吉田圭と神林としました。高校時代からロードでの実績が豊富、全日本インカレ5000mもきっちりと走っていましたし、2人くらいはエントリーされてくるのではないかなあと?青学のことですから、ここまであまり目立っていない選手が一気にメンバー入りというのもあるかもしれません。

 

うーん、仮にここ2年よりもチーム力が落ちているとしても、じゃあ青学を上回れる大学は?となると、なかなかに難しいところですよね。。。出雲や全日本ならば東海あたりは面白そうですが、箱根となるとまだまだ青学が頭一つ抜けている印象です。3大駅伝全てで中心となってくることは間違いないでしょうし、今年度も青学が強さを見せつける結果となるのか、それともストップをかける大学が現れるのか?王者の走りに要注目ですね~


PAGE TOP