2017年 駅伝シーズンに向けて ~日本大学~

全日本インカレも終わりましたので、駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、続けていきます。今日は日本大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。データを見てもらえば分かる通り、もう後が無いですよね。ここ最近のレースを見ている限りは、箱根出場も危ぶまれるほどの状況に思えます。

 

前年度、箱絵予選は10位と最下位での通過、本戦でも往路こそ10位だったものの、復路で大きく沈んで総合19位まで下がっています。今年度の全日本予選もここ最近でワーストとなる16位に沈み、3大駅伝出場権は得られていません。3年連続の箱根予選突破を目指すこととなりますが、なかなかに茨の道のように思えます。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・岡野、高野、石井、山﨑、川口、町井宏

3年・・・ワンブィ加藤

2年・・・石垣、小坂金子、阿部

1年・・・武田、宮崎

 

箱根経験者は9人(青色)と多いですね。一応、全員エントリーされると予想はしましたが…箱根で好走経験のある選手となると、4年の川口、町井宏に3年のワンブィくらいですかね。そして、残る6人はいずれも区間18位以下で走った経験があるという状況…確実に計算出来るのはワンブィくらいかなあ。そこに、岡野、高野、山﨑、川口、町井宏あたりが続いて欲しいところですが、果たして…?

 

箱根予選経験者となると、2人(橙色)だけになりますね。金子は箱根予選は220位に沈んでいますが、その後ハーフで65分48秒をマークし、2年連続で全日本予選を走っていることを考えると、今回もエントリーされそうかなあ?加藤は1年時に53位と好走、その後は故障もあって苦しい走りが続いていますが、本来であれば日本人エースとなるべき選手、復活した姿を見せて欲しいです。個人的に最も期待している日本人選手かな。

 

今年度の全日本予選に出場した選手は2人(赤色)おり、こちらも両方エントリーされると予想。ルーキーの武田は早速1万mで30分8秒をマークし、関東インカレもまさかのハーフに出場しています。既にハーフを走っているのも心強いですし、まずエントリーされそう。阿部はハーフがギリギリ66分台なのが気になりますが、2年連続の全日本予選出場、1万mも30分19秒ですが、ベストを出していますし、メンバーに入ってきそうかなあ。

 

ここまでで13人、残る1人ですが…ルーキーながら全日本予選にエントリーされた宮崎としました。1年が2人は選ばれそうかなあということで、誰が長い距離に対応しているかは分かりませんが…取り敢えずエントリーのあった宮崎かなあと。本来であれば、竹元は欠かせない選手だと思っているのですが、トラックシーズン、姿を確か見せていないですからね。。。さすがに、いきなりの箱根予選は可能性が低いかなあと…他にも野田、関沼、横山と持ちタイムの良い選手が揃っていますし、即戦力として出てきて欲しいですね。

 

2年生以上でも、全日本に出場している松木、ハーフ65分台では野田、廣田、成田らがいますし、ここら辺の選手もメンバーに入ってきてもおかしくないですよね。メンバー争いしそうな選手は多いのですが、実績のある選手となると、極端に少なくなってしまうのが日大の不安要素です。

 

この1年間のレースを見ていると、正直期待よりも不安の方が大きいですが、ここで予選落ちとなってしまうと、ズルズルと下がっていってしまいそうな気がするんですよね。。。6年前の予選落ちは日本人エースが複数いる中でしたが、今回は…チームにとって正念場となるであろう箱根予選、こういうところで状況で結果を残せれば、チーム状況も好転していくと思いますし、何とか箱根予選を突破し、今後につなげて欲しいです!!


PAGE TOP