全日本インカレ2017 10000m ~東洋の西山が日本人トップの3位と快走~

今日から全日本インカレが始まりました。関東インカレに比べると、力を入れる大学が限られているという大会ではありますが、ここで結果を残せる選手はやはり強い選手ですよね。公式結果も出てはいますが…HPが重すぎてアクセス出来ないです。。。入賞者は以下の通りです。

※手打ちなので誤りがあったら申し訳ないです。

 

順位 氏名 大学 タイム
1位 カリウキ 日薬大 28:20.50
2位 ワンブィ 日大 28:21.85
3位 西山 東洋大 28:44.88
4位 塩尻 順大 28:47.50
5位 松尾 東海大 28:50.94
6位  ギチア  第一工大 29:08.67
7位  太田 早大 29:09.06
8位  石井 関西学院大 29:14.08

 

優勝争いは関東インカレ1部1万m覇者のワンブィ(日大)と2部1万m覇者のカリウキ(日薬大)の争いに。ともに27分台ランナーであり、トラックで圧倒的な強さをみせていますが、この対決を制したのはカリウキ、28分20秒でワンブィを振り切りました。ワンブィと言えば、他の留学生をいつもラストスパートで突き放して優勝という鉄板のパターンがありましたが、カリウキが上回ることに。

 

ワンブィがトラックで大学生に負けるのはいつ以来ですかねえ・・・?少なくとも、2年からは関東インカレ、全日本予選、全カレのいずれも負けてこなかったはずですが、ついに敗れてしまいました。。。次は箱根予選ですかねえ。この二人、再び全体トップを争うことになるでしょう。そこに山梨学院大のニャイロらが絡んでくる展開ですかね。今回も、日本人選手が留学生についていくのは難しそうです。

 

日本人トップの3位はなんと東洋のルーキー西山、トラックでは、5千でベストを更新するなど力を見せていた西山ですが、同じ群馬の先輩である塩尻を上回り、28分44秒の自己ベストを出して3位表彰台は素晴らしいの一言。ルーキーの中でも1つ抜けていますね。駅伝シーズンも主要区間への抜擢もありそうかなあ。要注目ですね。

 

塩尻も28分47秒の4位はさすがの走りですが、西山に負けたのは悔しかったかなあ。その走力に疑いの余地はないですが、やはりラストスパートとなると、他のトップクラスの大学生よりはやや劣りますかねえ。トラック、ロード問わずずっと結果を残し続けているのはさすがですけどね。

 

5位には東海の松尾が28分50秒で入り、関東インカレ1万mにつづいての入賞、そして自己ベスト更新ですね。東海の2年生といえば、どうしても關、鬼塚、館澤に注目がありますが、松尾も全日本予選で最終組を任されるなど、負けじと伸びてきていますね。既に東海大にとって欠かせない選手となりました。

 

6位には第一工大のギチアが29分8秒で入りました。第一工大の留学生も最近は日本人トップクラスほどではないですが、安定した走りは見せてくれていますよね。7位に早稲田の太田が29分9秒で入ることに。しっかりと練習が積めているという話でしたが、勝負レースでも結果を残してきました。前年度の箱根は悔しい走りになってしまいましたからね。今年度の駅伝シーズンは出雲から主力として活躍してくれれば。

 

8位入賞を果たしたのは関西学院大の石井、確かに関西でもトップクラスの力がある選手ですが、1万mで入賞を果たしてくるのは素晴らしいですね―。1500mや3000m障害で関西勢が上位に入ってくることは良くありますが、1万mとなるとやはり相当の走力が無いと難しいですよね。

 

後一歩入賞に届かずの9位には中央の中山が29分16秒とベストに後一歩というタイムで入ることに。全日本予選に続いてのこの走りはもう本物ですよね。箱根予選がますます楽しみになってきました。有力選手では、東海の關が11位、順大の栃木が13位とともにもう一歩かなあ。少なくとも入賞するだけの力はあるであろう選手ですし。

 

留学生では東国大のタイタスが30分オーバーの18位と奮いませんでした。前回の箱根予選はまさかの途中棄権に終わっただけに、ここで好走し、いい形で箱根予選に臨んで欲しかったですが。。。全日本予選で奮わなかった明治の阿部は29分32秒の15位…悪くは無いですが、もっと走れる選手ですよね~。箱根予選には本来の走りを見せて欲しいものです。

 


PAGE TOP