2017年 駅伝シーズンに向けて ~東京農業大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は東京農業大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。過去3回の箱根予選は11→12→13位と毎年順位を落として予選落ち、戦力も年々下がってきているようで、状況は非常に深刻です。せめて記録会でもと思っても、なかなかベストを出す選手もいませんしね。

 

前年度は、箱根予選で13位に沈み予選落ち、今年度の全日本予選は8人の平均タイムが21位で出場することさえ叶わず…いずれもここ数年でワーストとなる結果、苦しい時が続いています。3大駅伝出場権は確保出来ておらず、4年ぶりの箱根出場をかけて箱根予選に臨むことに。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・茂木、高橋、山館、高良、内沼

3年・・・小山、瀬戸口、田中、加藤、森、金子

2年・・・高田、西野

1年・・・藤原

 

3年箱根に出場していませんから、当然チームとして箱根を経験している選手はおらず、小山が唯一関東連合として出場しているのみです。そんな小山を含めた箱根予選経験者は10人(橙色)おり、いずれもエントリーされると予想しました。ただ、ポジティブな予想というよりは、他に選手がいないという方が正しい気が…確実に計算出来る選手がエースの小山しかいませんからね。

 

ハーフベストを見ても、前回の箱根予選の走りを見ても不安は募るばかりかなあ。65分切りは小山、高橋の二人しかおらず、前回13位に沈んだチームにおいて、上位6人のうち、小山、加藤を除く4人が抜けてしまっていますからね。チームの主力が揃う3年生世代には、いずれも前回以上の走りを期待したいところです。

 

残り4人ですが…各学年から1人ずつ予想しました。4年生からは、学生ハーフでベストを更新した山館、タイムは66分17秒ですが、1万mも30分7秒のベストはありますし、何とかメンバーに入ってくれれば。3年生はハーフで66分3秒を持つ金子としました。予選会のエントリー経験は無いですが、ハーフベストはチーム7番手ですしね。

 

箱根予選未経験で唯一全日本予選に出場権のある2年の高田はまず入ってきて欲しいかな。2組18位と好走しているのは好材料。ハーフは66分57秒とまだまだ奮わないタイムではありますが…1年生はトラックシーズンを見ても台頭してくる選手がおらず、誰もエントリーされない可能性も十分ありますが、高校ベストが14分17秒を誇る藤原としておきました。ルーキーは誰が出てくるか駅伝シーズンを迎えないとなかなか分からないですよね。

 

選手一覧を見れば見るほど、厳しい戦力だなあというのが正直な感想です。前回と同じ13位をキープするのも難しそう。。。現実的には15位以内に入れるかどうかという状況でしょう。箱根への道は年々遠くなっていますね。大変申し訳無いですが・・・今後もこのような状況が続いていくのであれば、私のデータベースからも、大学ごとの特集記事からも外してしまうかもしれません。全選手、全大学を取り上げるのが難しいため、箱根出場する大学、出場を現実的に争える大学に絞っていますので。。。

 

仕事が徐々に忙しくなってきました。ブログは引き続き続けていく予定ですが、今後はさらに忙しくなりそうなので、記事を書く回数が減ってしまうかも。出来る限り、毎日更新しようとは思っていますけどね。2017年はまだ1日も欠かしていないはずなので。。。


PAGE TOP