2017年 駅伝シーズンに向けて ~創価大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は創価大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。前年度の箱根予選3位通過、箱根12位が光りますね。本当にシード権を獲得してしまうのでは?と思わせる走りでした。

 

前年度は2度目の箱根で12位と上々も初のシード権獲得まではいたらず。今年度の全日本予選では全日本初出場を狙いましたが、こちらも11位で後一歩届きませんでした。その結果、3大駅伝出場権は未だ確保出来ておらず、箱根予選会で2年連続3度目の出場を目指すこととなります。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・大山、蟹澤、玉利三澤姫宮

3年・・・作田、古場二宗

2年・・・ムイル、米満吉留上田築館

1年・・・梅木

 

箱根経験者は2度出場してることもあって8人いますが、うち7人(青色)はエントリーされると予想しました。もう4年生なのですが、未だに箱根予選に出場したことがないですからね。選手が揃っていい意味で14人を選べそうな創価からすれば、初の最上級生を起用することも無いかなあと。エースのムイルに大山、蟹澤、米満といった勝負レースで好走経験のある選手がズラッと揃っています。全日本予選ではもう一歩だった大山ですが、箱根予選では前回の28位と同じかそれ以上の走りを見せて欲しいですね。

 

箱根予選経験者は4人おり(橙色)いずれもエントリーされると予想しました。4人とも前年度の箱根予選に出場し、最も順位が悪かった姫宮でさえ、125位というハイレベルな走りでしたからね。箱根予選で好走しているという経験値は大きいですし、2年連続の好走を見せてくれれば。

 

今年度の全日本予選に出場した選手(赤色)は2人おり、ともにエントリーと予想しました。玉利は学生ハーフで65分17秒のベストをマーク、上田は2組18位と上々の走りをみせた上に、ハーフでは63分48秒とチーム上位のタイムを持っていますからね。ともに長い距離も問題無さそうです。

 

ここまでで13人、残る1人ですがルーキーも1人くらいエントリーされるかなあということで、全日本予選に唯一エントリーされた梅木としました。1万mも30分5秒で走っていますし、後は長い距離に対応出来ていれば。。。1年生は正直分からないので、他に20kmに強い選手が夏合宿を経てでてくれば器用される可能性は十分あるでしょうし、最低1人はルーキーも走って欲しいところですね。

 

箱根や箱根予選経験者が豊富に揃っているのは、創価の強みですね。3大駅伝・予選会経験者だけで14人揃えることも可能なほどです。さらに、前回、3位通過を果たしているのも心強いです。しかし、箱根予選で初出場を決めた時も翌年度はさらに戦力アップで通過も問題無いだろうと思われていました。その結果がまさかの14位で予選落ちという大惨敗…苦い記憶があります。

 

今年度も、前回の結果や戦力を見れば通過候補の1校に挙げられると思いますが、前々回、連続出場を逃した悔しさを糧に、しっかりと箱根予選に合わせ、まずは初の2年連続箱根出場を決め、そして、前回後一歩届かなかったシード獲得を果たして欲しいです。


PAGE TOP