2017年 駅伝シーズンに向けて ~帝京大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は帝京大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。箱根は過去3年が11→10→11位とシード争いの真っ只中という感じですね。今年もシード争いをするであろう1校かなあ。

 

前年度は3大駅伝フル出場を果たしたものの、出雲は10位と関東勢最下位、全日本は10位とまずまずも箱根は11位で後一歩シードに届かずシード落ちとなってしまいました。全日本予選は安定した走りで6位通過、全日本の出場権をきっちりと確保、続いては箱根予選会突破を目指すこととなります。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・佐藤田中

3年・・・竹下、畔上、横井新関濱川

2年・・・岩佐島貫平田田村岳、吉野

1年・・・、小野寺

 

箱根経験者である7人(青色)いますが、いずれもエントリーされると予想しました。エース格の竹下、畔上、佐藤ら中心となる選手が揃っています。箱根予選でもしっかりと稼いで欲しいですね。前回の箱根で1年ながら区間一桁と好走した岩佐、平田あたりも頼りになる存在です。

 

出雲、全日本経験者は2人いますが、今回は新関だけ(橙色)としました。大塚は1年の全日本、箱根予選出場以降、3大駅伝・予選会のエントリーも無いですからね。ちょっと厳しいかなあと。新関は出雲を経験し、ハーフも64分33秒まで伸ばしてきましたし、そろそろ箱根予選、そして箱根と走って欲しい選手です。

 

今年度の全日本予選に出場した選手は4人(赤色)おり、こちらも全員エントリーされそうかなあ。最も悪かった選手でも3組を走った田中が25位だったくらいで、他の3人はいずれも組15位以内、特にルーキー星の好走は光りました。4人ともハーフのベストは65分オーバーとまだ長い距離で結果を残せていないのは気になりますが、今年度成長した姿を見せてくれれば。

 

ここまでで12人、残る二人ですが…前回の箱根にエントリーされ、ハーフも64分7秒をもつ吉野は入ってきそうかなあ。今年度1万mで30分台ですが、ベストも更新していますしね。ハーフの持ちタイムが良いのは魅力です。もう一人はルーキーの小野寺としました。高校時代からロードの実績が豊富、全日本予選にエントリー、1万mで29分32秒のベストをマークと今後に向けた楽しみな要素が揃っています。20kmの距離もしっかりとこなしてくれるのでは?

 

ちょっと4年生が少なくなってしまいましたが、今のチームは2,3年生中心になってしまうのはしょうがないですよね。他には、4年だとともにハーフ65分台の渡邉、小手川らがいますし、4年生には一人でも多くメンバーに入ってきて欲しいところですが。。。

 

箱根予選に向けては特に心配はいらなそうですね。主力級も他の箱根予選校に引けを取らないですが、選手層の厚さが魅力ですよね。箱根経験者に全二本予選で好走した選手と勝負レースで結果を残している選手が多いのが心強いです。過去2度の箱根予選はいずれも2位通過、今年度も同じような順位を狙えるだけの戦力はあるでしょうし、まずはきっちりと上位通過を果たし、前回後一歩届かなかったシード獲得、目指して欲しいです!!


PAGE TOP