2017年 駅伝シーズンに向けて ~拓殖大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は拓殖大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。ここ最近は昨年度こそ全日本に出場し、8位に入ったものの、箱根本戦は3年シードから遠ざかり、箱根予選も苦戦が続いています。。。

 

前年度の箱根はシード争いに絡んだものの、区間19位以下が2区間エルなどして総合14位、シードには届きませんでした。今年度の全日本予選は1組から出遅れてしまい15位、2年連続の本戦出場とはなりませんでした。その結果、3大駅伝の出場権はまだ確保出来ておらず、5年連続の箱根出場を目指すことになります。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・西、土師、苅田

3年・・・デレセ、馬場、戸部鈴見、峠、今滝

2年・・・赤﨑中井、松下、藤井

1年・・・清水

 

下級生の頃から箱根を経験している選手が多く、経験者は9人を数えます。そのうち、8人(青色)はエントリーされると予想しました。唯一、山本だけは2年の箱根以来3大駅伝・予選会にエントリーされていないので、今回も厳しいかなあと思って外しています。他の選手は西、デレセ、馬場、戸部らチームの主力たちがズラッと揃っています。まずは彼らがしっかりと貯金を稼ぎたいところ。

 

箱根予選経験者(橙色)は3人おり、いずれもエントリーされそうかなあ。鈴見、中井は今年度の全日本予選も走っていますからね。藤井もハーフベストは65分12秒と悪くないですし、前回313位の借りを返してほしいところ。今年度の全日本予選に出場した選手はわずかに1人(赤色)だけですね。ルーキーの清水は3組に抜擢されていますし、67分台ですが既にハーフも経験していますので、箱根予選も戦力として計算出来るのではないでしょうか?

 

ここまでで12人、残り2人ですが…ともに前回の箱根予選にエントリーされた3年の峠と2年の松下としました。ともにハーフのベストが67分台&3大駅伝・予選会未経験というのが非常に気にはなりますが…前回もエントリーされるくらいですから、持ちタイム以上の力はあるのでしょう。今回は14人ではなく、実際に出場する12人に入ってきて欲しいですね。

 

他には、ハーフで64分56秒をマークしている3年の五十嵐、清水同様に1年目から全日本予選にエントリーされた石川あたりも候補に入ってくるでしょうか?清水も石川も決して高校時代に実績があるとか持ちタイムが良いわけではないのですが…それでも1年からメンバー入りしてくるのが凄いですね。さすが拓殖という感じです。

 

箱根予選通過に向けては、選手が揃ってきましたよね。エースのデレセに日本人エースの西、馬場、戸部ら主力が脇を固め、箱根経験者が多いのも好材料です。とはいえ、箱根予選はここ最近ずっと苦戦しているだけに、油断は禁物です。まずは、しっかりと箱根予選に合わせて予選を突破し、本戦では4年ぶりのシード権、狙って欲しいです!!


PAGE TOP