2017年 駅伝シーズンに向けて ~専修大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は専修大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。4年前の箱根予選で増枠に頼らずに7位通過を果たして以来、箱根予選で最高順位が14位は寂しすぎますね。このまま箱根から遠ざかってしまうのか。。。

 

前年度の箱根予選は14位で予選落ち、全日本予選もここ数年でワーストとなる17位となかなか光明は見えてきません。残るは箱根予選会のみ、ここで4年ぶりの箱根本戦出場を目指すことになります。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・吉田、岩田、風岡、宮尾櫻木

3年・・・川平、佐藤、藤井、矢澤

2年・・・長谷川、宮下、横山、小林塚原

1年・・・無し

 

もう3年間、3大駅伝には出場できておらず、3大駅伝経験者は0人です。箱根予選経験者(橙色)は8人いますが、全員エントリーされてくると予想しました。持ちタイムだと4年の吉田、岩田らが上位でいますすが、いずれも勝負レースに出場出来ていなかったり、出場しても結果を残せていないのが気になる。。。

 

そもそも、箱根予選で100位以内で走ったことがあるのが、川平ただ1人という状況ですからね。ハーフのベストもそこまで悪くは無いですし、全日本予選ではしっかりと走れている選手もいますが、いざ箱根予選となると、ほとんどの選手が力を発揮出来ない登場今日が続いています。監督も変わり、それらを払拭するような走りを見せてくれれば良いのですが。

 

箱根予選は未経験ながら今年度の全日本予選に出場した5人(赤色)おり、楽しみな選手が揃っています。特に2年生ですよねー。もはやエースとなった長谷川は、20kmでどこまで走れるのか不安よりも期待のほうが遥かに大きです。この距離でも強さを見せてくれれば!!小林も全日本予選は2組19位とまずまずの走りでしたし、横山、宮下も1万mは29分台を持っていますからね。いずれも29分台を持つこの2年生4人には、今年度も来年度以降も中心的役割を果たしてもらいたいです。

 

ここまでで13人、残る1人は全日本予選を2度走っている風岡としました。高校時代の実績もハーフのベスト63分45秒もチームトップクラスなのですが、故障もあったりしてなかなか結果を残していませんが、力のある選手ですし、最後の箱根予選には合わせてきてほしいものです。

 

他には、前回の箱根予選にエントリーされ、ハーフ65分24秒のベストを持つ4年の伊藤、1万で29分20秒のベストを持つ3年の和田、ルーキーではともに全日本予選にエントリーされた茅野、黒柳らがいます。持ちタイムを見る限り、選手はある程度揃っているとは思うのですが。。。

 

丸山世代が抜けて戦力ダウンは著しく、過去3年の走りを見る限りは、正直箱根予選通過は厳しいですよね。前回の14位より1つでも順位を上げていくことが現実的な目標となりそうですが、何があるのか分からないのが箱根予選でもありますし、まずは各選手がしっかりとピークを合わせて力を発揮し、箱根予選突破へと繋げていって欲しいです!


PAGE TOP