2017年 駅伝シーズンに向けて ~山梨学院大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は山梨学院大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。前年度はトラックシーズンで大暴れだった山梨学院大学ですが、今年度は関東インカレでもニャイロ以外は存在感を示せず…箱根以降はちょっと苦戦が続いています。

 

前年度は出雲で2位、全日本では3位とどちらも見事な走りでシードを確保したものの、ベストメンバーを組めなかった箱根ではまさかの17位、これによって出雲、全日本の出場は確定し、箱根予選にも出場するという苦しいスケジュールになっています。箱根予選にエントリーされる14人候補、出雲は捨てて箱根予選に全力を注ぐとすれば、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・上田、市谷、河村、古賀

3年・・・ニャイロ、永戸、久保、池田、片山、藤田

2年・・・井上、中村、首藤

1年・・・安藤

 

箱根経験者は7人(青色)おり、いずれもエントリーはされることでしょう。ニャイロ、上田、永戸、市谷ら主力は箱根予選でも大きく稼ぐことが期待されますね。ニャイロは全体トップの最有力候補です。ただ、気になるのは3大駅伝・予選会を通じても経験者がこの7人しかいないんですよねー。この7人が走ったとしても、初出場となるのが5人いるわけですからね。

 

残り7人ですが、3年生からはハーフで64分5秒を持つ藤田、64分7秒を持つ片山、前回の箱根にエントリーされている片山あたりはエントリーされそうかなあ。3年生は6人エントリーと予想しましたが、最も人数が多そうかなあ。ハーフで実績ある選手が多いのも頼もしいです。2年生からは、出雲、全日本にエントリーされた井上、全日本にエントリーされた首藤、1万mで29分52秒を持つ中村と3人と予想しました。

 

2年生はちょっと3,4年生に比べると層が薄いのは否めませんが、他の選手ももっとメンバー争いに絡んできて欲しいところ。1年生は、自己ベストを出すような選手も持ちタイムでトップ10に入る選手もおらず、ちょっと現時点では分からないですが…高校時代から実績豊富な安藤と予想しました。人数も多い1年生、そこから抜け出す選手が駅伝シーズンに向けて出てきて欲しいですね。トラックだと高校時代インターハイ決勝にす進んだ黒木が持ちタイムも良いですが果たして?

 

こうしてみてみると、もちろん予選通過は何も心配していませんが、ちょっと主力とそれ以外の戦力差が大きすぎるのが気になるかなあ。箱根を見据えると、主要区間はもちろん、繫ぎ区間も大事になってきますからねえ。出雲はもうしょうがないとして、まずは箱根予選では主力が大きな貯金を稼ぎ、他の選手もきっちりとまとめて上位通過を果たして欲しいところ。

 

全日本は箱根予選の疲れもあるでしょうが、ニャイロの存在は大きいですし、連続シードを期待したいですね。8区ニャイロというのは、シード争いの大学にとって本当に脅威ですからね。。。そして、前回屈辱を味わった箱根では、シード確保は最低限として、前回の借りを返す快走、期待したいです!!!


PAGE TOP