2017年 駅伝シーズンに向けて ~駒澤大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は駒澤大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。箱根駅伝後は学生ハーフでユニバ代表を二人決めるなど大活躍したものの、トラックシーズンは一部の選手がベストを更新するに留まり、関東インカレでは全くもって存在感を示すことが出来ず…駅伝シーズンに向けて期待と不安が入りまじる結果となりました。

 

前年度は全日本こそ4位でシードを確保したものの、箱根はあわやシード落ちの大苦戦、それでも何とか9位に留まってシード権は死守、3大駅伝フル出場を決めています。箱根にエントリーされる16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・工藤、高本、藤木、中西、紺野

3年・・・下、片西、伊勢、物江、堀合

2年・・・大聖、山下

1年・・・小原、加藤、伊東

 

箱根経験者は7人(青色)いますが、エントリーは問題無ければ全員されてきそうです。特に3年生は前回の箱根経験者が5人揃い、やはり中心となって欲しい学年です。箱根未経験&出雲、全日本経験者はわずかに2人(赤色)となっており、いずれも4年生です。特に中西は長い距離でも結果を残してきていますし、こちらもエントリーされる可能性は高そうかなあ。

 

3大駅伝経験者が全員エントリーされたとしても9人で残りは7人、4年生からは出雲、全日本にエントリーされ、走るたびにハーフでベストを更新してきた藤木、2年生からはいずれも前回の箱根にエントリーされ、ハーフ64分前半を持つ大聖、山下あたりは16人候補に十分入ってきそう。

 

ルーキーからは、1万mで29分27秒のベストを持ち、関東インカレ1万mにも出場した小原、高校時代に13分台をマーク、1万mでも29分48秒を持つ加藤、もう一人は高校時代からロードで安定した成績を残している伊東の3人にしてみました。ルーキーは他にも高校時代の実績だと、吉村、小島あたりが良いですし、大学に入ってからの走りだと、小林や神戸がベスト連発で勢いがあり、ルーキーは長い距離に対応さえすれば、大量エントリーということも有り得そうです。

 

他には1万mで29分30秒を出した4年の板橋や、前回エントリーされた3年の山口あたりも候補になってくるでしょうか?16人はある程度選べそうですが、そこから10人となるとまだまだ選手層は薄いように感じますね。夏合宿を経て、どれだけ伸びてくる選手がいるかが大事になってきそうです。前年度は3大駅伝のいずれも3位以内に入れないという悔しいシーズンになってしまいました。今年度も主力が多く卒業し、厳しい戦いにはなると思いますが、前年度の反省を活かし、また上位争いに絡んできて欲しいです!!


PAGE TOP