2017年 駅伝シーズンに向けて ~東洋大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は東洋大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。前年度は出雲ではまさかの9位に沈み、全日本も6位でギリギリのシード獲得、どちらも柏原入学以降ワーストとなる順位に沈みました。しかし、箱根だけは譲れないとばかりに2位を確保、9年連続で3位以内という素晴らしい記録を継続しました。

 

これで9年連続の3大駅伝出場を果たし、当然3大駅伝優勝が目標になってくるでしょう。箱根駅伝にエントリーされる16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・小早川、竹下、野村、高森、

3年・・・山本修、小笹、山口

2年・・・相澤、渡邉、中村、中尾、今西

1年・・・西山、大森、田上

 

箱根経験者である6人(青色)、いずれも前回の箱根に出場した選手ですし、問題無ければ全員エントリーされることでしょう。前回の箱根で2区を任され、その後もエースにふさわしい走りを見せ続ける山本修や前回の箱根9区区間賞を取った野村など中心となっていくであろう選手が揃っています。出雲、全日本経験者は3人(赤色)おり、いずれも2年生ですね。その中でも抜けた活躍をしているのが相澤ですね。

 

箱根はアクシデントで出場出来ませんでしたが、その後は1万mで28分台、関東インカレ1部ハーフで8位入賞など山本に次ぐ活躍を見せています。同じく28分台、出雲と全日本に出場した渡邉も飛躍が期待されますね。ここまでで9人、前回の箱根にエントリーされた選手では、3年の山口、中尾に出雲、全日本にエントリーされた高森、今西もメンバーに入ってきて欲しいところですね。ただ、3大駅伝出場となると、もう一伸び無いとかなあ…

 

有力選手が多く加わったルーキー勢では、西山、大森と既に大学でも13分台をマークしている二人は順当にエントリーされそうかなあ。残り1人は田上としてみました。大学でも早速結果を残しているようですし…他にも、飯島や田中など楽しみな選手が揃っており、今年度のルーキーは多くエントリーされてきそうです。ゆくゆくは中心とあって欲しい学年です。

 

エースが卒業しても、新たに山本修がエースとなってくれたのは大きいですね。他大のエース級と戦える選手というのは、優勝を狙う大学には必須ですし。相澤の台頭も頼もしいです。ただ、3大駅伝となるとやはり4年生の力が大事になってきます。トラックシーズンは、3年生以下が元気で4年生だと活躍していたんは堀くらいですからね。。。駅伝シーズンには、ベストメンバーをきっちりと揃え、また前回の箱根のように優勝争いに加わってきて欲しいです!!


PAGE TOP