2017年 駅伝シーズンに向けて ~法政大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は法政大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。2年前の箱根19位から去年の8位への大幅ジャンプアップが光ります。

 

前年度の箱根は8位で見事に4年ぶりのシード獲得、さらに今年度の全日本予選も5位と危なげない通過で4年ぶりの全日本出場を果たし、3大駅伝フル出場を決めました。箱根以降、順調に結果を残しています。まだまだ、先ではありますが、箱根にエントリーされる16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・細川磯田鹿嶋阿部

3年・・・坂東、土井矢嶋東福狩野、鈴木、福田本多

2年・・・佐藤、青木、坪井

1年・・・田辺

 

箱根経験者である7人(青色)いますね。全員16人には入れて予想しています。エースの坂東や佐藤など、箱根後にさらに伸びてきている選手が多いのは心強い。さらに箱根予選経験者(橙色)からは3人選んでいます。いずれも全日本予選や箱根予選で好走経験のある選手ですしね。ともに下位に沈んだ強矢と岡原はその後もハーフで結果を残せていないこともあり、今回外していますが、入ってきて欲しい選手ですね。

 

今年度の全日本予選に出場した選手(赤色)は3人おり、いずれも16人には入れております。福田と鹿嶋はハーフの持ちタイムがチーム上位ですし、狩野は全日本予選の1組6位という勝負レースで結果を残している姿を見ると、長い距離でも期待せずにはいられません。ここまでで13人、残る3人ですが…

 

取り敢えず1年生が一人も入らない可能性は低いだろうということで、田辺を入れてあります。ここは、高校の実績というよりも、大学で長い距離に早い段階で対応出来たかどうかになりますね。他のルーキーの可能性お十分です。後は、前回の箱根にもエントリーされており、ハーフで64分29秒を出している鈴木に同じく前回の箱根にエントリーされた坪井としてみました。

 

箱根予選はともかく、箱根16人の現時点での予想はあまり意味が無さそうな気もしますが…箱根シード校については、引き続き16人を予想しつつ、駅伝シーズンの展望を見ていきます。絶対的エースへと成長を遂げた坂東の存在は、箱根はもちろん、人数の少ない出雲、全日本ではさらに活きそうですね。前半のエース区間を安心して任せられるのは大きなアドバンテージです。

 

出雲、全日本ではそれぞれ前回出場時の8,12位を上回る走りを、そして箱根も前回の9位以上の走りで2年連続のシード獲得といきたいところですね。現有戦力や箱根以降の各選手の快走を見ていると、いずれも現実的な目標と思えますしね。今後継続的な強化のためにも、なかなか苦しんでいる箱根の連続シードは特に達成して欲しいです!!


PAGE TOP