2017年 駅伝シーズンに向けて ~國學院大學~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、本日は國學院大学を取り上げます~過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。その前に…本日、全中3000mの決勝が行われました。公式結果も載っています。福岡の石田が優勝、毎年福岡は中学生が強い印象ですが、今年度は1位と6位を含め決勝に4人いますから、凄いですね。

 

後、◯◯選手は辞めているのでは?というコメントがこういう特集をするとありますが…まだデータベースに反映していないだけなので、不要です。以前も書きましたが、あくまでも個人が趣味で無料でやっているHPなので、常に最新の100%正しい状態を維持出来るともしなくてはいけないとも思っておらず。時間のある時にでも雑誌や各大学HPの選手情報を元にアップデートします。

 

前年度の箱根は16位でシード落ち、今年度の全日本予選は各選手が素晴らしい走りを見せて3位通過、3大駅伝では全日本の出場権を確保しています。次なる目標は2年連続の箱根出場、そして箱根シード権獲得ということになるでしょう。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・向、熊耳磯邊國澤、軸屋、松永渡邉内田

3年・・・江島、芹澤、蜂屋

2年・・・浦野、土方、青木

1年・・・なし

 

箱根経験者は5人ですが、3大駅伝経験者となると9人(青色)にまで増えます。2年前の箱根出場を逃した一方、全日本は2年連続で出場しているのが大きいですね。何度も記事にしているとおり、ダブルエースの向、浦野には大きな貯金が期待したいところ。向は前回不出場、浦野は100位オーバーですからね。前回から大幅な上積みが期待出来そう。

 

といっても、前回100位以内で走った選手は、土方と熊耳のみ。8位通過と苦しみましたから、エース以外の選手もそれぞれ順位を上げていきたいところですね。箱根予選経験者(橙色)は二人、ともにハーフで64分1桁のベストを持つ磯邊、渡邉という二人ですが、出場するのであれば、長い距離で好走している経験を活かして欲しいところ。

 

今年度の全日本予選に出場した選手(赤色)からは2組10位だった松永のみ入れています。ハーフが65分37秒というのが気になりますが、ここにきて伸びてきたということで。もう一人出場した河野は4年生が多すぎること、ハーフは確か記録を持っていないはず…ということで、一旦外しています。また、1年生も夏合宿を経て台頭してくる選手がいるかもですが、トラックシーズンでは5千でトップ10に入ってきた添田くらいだったので、現時点ではエントリー予想は無しとしています。

 

ここまでで12人、残る2人はハーフで64分12秒を持ち、前回の箱根もエントリーされた軸屋と今年5千でベストを更新、ハーフ65分21秒の芹澤としてみました。1年生を入れていないこともありますが、こうすると4年生が8人と半分以上を占めることになってしまいますね。最上級生中心のチームではありますが、ここに割ってくる選手が下級生から出てきて欲しいところ。

 

他に候補となるのもやはり4年生、ハーフで64分27秒の小林や64分40秒を持つ小田あたりはメンバーに入ってきてもおかしくないですよね。ハーフの持ちタイムが良い選手というのは、20kmの箱根予選ではどうしても期待してしまいますよね。即戦力候補となるルーキーの台頭にもやはり期待してしまいますが。

 

戦力的には、持ちタイムの良い選手、勝負レースで実績のある選手が揃っており、箱根予選通過は問題なく、むしろ上位通過も期待出来るだけの戦力が揃っています。しかし、同じく上位通過が予想された2年前は13位でまさかの予選落ち、前回も8位と下位の通過でしたからね。まずは箱根予選を悪くとも中位では通過を果たし、6年ぶりとなる箱根シード獲得を目指して欲しいです!!


PAGE TOP