2017年 トラックシーズン振り返り ~創価大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、最後は、創価大学について見ていきます。昨年度は全日本予選こそアクシデントで逃したものの、箱根予選3位通過、本戦でも好走を重ねるなど、一気に力をつけてきたように思えたのですが…トラックシーズンはムイルこそエースとしての活躍を見せましたが、他の選手はやや苦戦気味…全日本予選も11位で初出場とはなりませんでした。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:6点(1位、10位)

チームトップとなる13分43秒をマークしたのがムイル、ベストを5秒更新してきました。しかも、このタイムは関東インカレ2部5000mで優勝する走りでマークしたもの、2年になってまた力をつけてきましたね。箱根予選は前回4位、今回も大きな貯金稼いでくれそうです。14分29秒でギリギリトップ10に入ってきたのがルーキーの梅木、全日本予選にエントリーされるなど、即戦力として期待が高まります。

 

トップ10圏外では、三澤が14分30秒でベストを2秒更新、チーム11番手となっています。他にはセカンドベストを出した選手もいなかったかなあ。14分30秒切りが10人やっとという状況を考えると、もう少しベストを更新する選手が出てきて欲しかったところですね。駅伝シーズンに期待かなあ。

 

10000m:9点(1位、4位)

5千同様にチームトップタイムを叩き出したのが28分19秒をマークしたムイル、セカンドベストも全日本予選で4組2位の走りを見せた28分28秒ですし、ムイルは何も心配ありませんね。もう一人ベストを出したのが29分37秒、4番手のタイムを出した米満、箱根8区3位の快走以降、あっという間に主力となってきました。今回のベストも全日本予選での走りでしたし、今最も計算出来る日本人選手かも…

 

トップ10圏外では、またしても梅木が30分5秒のベストを出しており、12番手のタイムですね。長い距離も対応出来るようであれば、箱根予選会にも出場してきそうです。セカンド・ベストでは、作田が全日本予選で1組12位、29分53秒で走っていますね。関東インカレ3000m障害で2位に入るなど、好調なトラックシーズンでした。

 

トラックシーズンは良かった選手とそうでなかった選手の差が激しかったかなあ。駅伝シーズンでは、足並みが揃うことが大事になってきそう。2年連続3度目の箱根出場に向けては、大山、蟹澤といった4年生にしっかりと走ってもらわないとですしね。二人とも全日本予選ではもう一歩という結果だっただけに…

 

ハーフのベストを伸ばしてきた選手も多いですし、力を発揮出来れば予選通過は問題無いと思いますが…通過は大丈夫だろうと思われた2年前はまさかの14位と惨敗に終わっていますからね。前回の教訓を活かし、初の箱根連続出場、そして初の箱根シード獲得を目指して欲しいです!!


PAGE TOP