2017年 トラックシーズン振り返り ~東海大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、今日は、東海大学について見ていきます。史上最強世代が2年生となり、さらなる強さを身につけた今年度、関東インカレ1部では1500m,5000mでトリプル入賞、ベストメンバーからも程遠かった全日本予選も余裕の2位通過とさすがの走りを見せました。駅伝シーズンに向けても優勝候補の一角を占めることは間違いないでしょう。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:14点(1~3位)

すでに全大学中トップの平均タイムを誇る5千ですが、そんな中でトップ3が揃って自己ベストを更新してしまうのですから、その凄さが分かります。トップは13分35秒を叩き出した關、既に13分41秒と大学トップレベルのタイムを有していましたが、さらに6秒も更新してきました。日本人大学生では塩尻に次いで2番目のタイムとなっています。

 

続いたのが13分38秒とこれまた驚異的なタイムをマークした鬼塚、關と同じ海外のレースでの記録であり、本当に二人はいいライバル関係になっていますね。それが、お互いを高めあっているのかなあ…自己ベストを5秒更新し、日本人大学生で3番手となっています。さらにさらに続いたのが阪口、13分41秒は自己ベストを10秒も更新してきました。3人とも、元々ハイレベルな自己ベストなのに、そこをさらに縮めるのが脅威…

 

そして、このタイムは何と日本人大学生で4番手…2~4位を東海が占めていることになります。持ちタイムだけを見たら、もう出雲で負けようがない感じですけどね(笑)トップ10圏外では、郡司が13分57秒でベストを一気に18秒も更新、このタイムで11位というのがこれまた恐ろしい。13分台は14人を数えるまでになりました。他には全日本予選で最終組を任された松尾が14分5秒のベスト、セカンドベストも14分6秒をマークしています。

 

10000m:1点(10位)

大盛況だった5千に比べると、1万mは1点と寂しい結果に…トラックシーズンは1500mや5000mなど短い距離に力をいれていましたから、しょうがないかなあ。そんな中、全日本予選3組7位、29分17秒で走った三上が10位にランクイン、ベストを一気に31秒縮めてきました。さらに、3組8位、29分18秒の西川がベストを18秒更新し、11番手ですね。全日本予選好走の二人がそのままベスト更新でした。

 

他には全日本予選1組トップの小松が、29分34秒の自己ベスト、全日本予選でも29分40秒でセカンドベストと大活躍でしたね。エースの關も28分59秒はセカンドベストとなっています。他にも松尾が29分2秒、國行が29分26秒でいずれもセカンドベストを関東インカレでマークしており、1万mは勝負レースに出場した選手がベストやセカンドベストをマークしている印象です。

 

駅伝シーズンに向けては収穫の多いレースとなりました。もう3大駅伝全てで優勝が期待されるまでの戦力になってきましたし、特に出雲は青学の3大駅伝5連勝を止める最有力候補となることでしょう。抜群の選手層を誇りながら、關、鬼塚、館澤らエース級も他大のエースと遜色無いまでに力をつけています。ここにルーキーも絡んでくれば、ますます盤石となりそうです。

 

他大との比較だと、史上最強世代が3,4年になった時に東海の黄金時代が到来しそうですが…駅伝は勝てる時に勝っておかないと、何が起きるか分かりませんからね―。特に出雲・全日本は十分に優勝を狙える戦力となりそうですし、まずは久しぶりの3大駅伝優勝、そして初の箱根優勝を目指していって欲しいです!!


PAGE TOP