2017年 トラックシーズン振り返り ~拓殖大学~

世界陸上もあっという間に終わってしまいましたねえ。400mリレーでの銅メダル獲得、競歩での銀&銅&トリプル入賞、いずれも素晴らしい結果だったと思います。長距離ファンとしては、5千、1万のいずれも出場さえ果たせなかったのが寂しかったですね。。。トラックシーズンの大学ごとの振り返り、今日は、拓殖大学について見ていきます。ベストを出した選手は何人もいたものの、新戦力の台頭となるともう一歩という状況ですかねえ。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:4点(3位)

唯一トップ10でベストを更新したのが西、14分12秒でベストを14秒更新してきました。ただ、勝負レースでの豊富な実績と、1万mで28分台の走力を考えても、まだまだタイムは出せそうですよね。既に日本人エースとしての地位を確立している選手ですし…トップ10圏外では鈴見が14分45秒でベストを9秒更新、こちらも1万mやハーフのタイムを見れば、もっとタイムを出せるはずなのですが…

 

セカンドベストまで広げても、14分30秒をマークした苅田くらいかなあ。5千は元々走ることが少ない拓殖ではありますが、それでも自己ベスト更新という指標から見れば、5千は物足りない結果に終わってしまいました。

10000m:13点(2位、4位、5位、9位)

5千とは違って13点と上々の得点となっているのが1万m、まずは何と言っても28分47秒と素晴らしいタイムを叩き出した西ですよねえ。デレセに次いでチーム2番手となりました。昨年度の全日本以降の飛躍が凄まじく、持ちタイムでも日本人トップとなりました。最終学年となり、箱根予選でも大きな貯金が期待されます。

 

続いたのが戸部、29分34秒でベストを18秒更新し、4番手に浮上しました。箱根5区でもまずまずの走りを見せるなど、主力の1人として活躍していますが、持ちタイムも着実に伸ばしてきていますね。箱根9区を走った土師も29分38秒でベストを28秒更新、5番手に入ってきました。力のある選手たちが順調にベストを更新してきたという感じです。

 

5千に続いて1万mでベストを更新したのが鈴見、30分9秒で9番手、23秒ベストを更新していました。箱根予選、全日本予選と続けて出場、さらなる飛躍が期待されます。トップ10圏外では、楠本が30分28秒でベストを19秒更新、2年生は赤﨑が一人抜け出ているだけに、続いていってくれれば。西がベストだけではなく、29分21秒で走っており、馬場も29分19秒と高いレベルでのセカンドベストですね。

 

30分台では、30分8秒の苅田の他、19秒のルーキー清水、31秒の中井、ベストに続いて32秒の鈴見、43秒の峠ら多くの選手がセカンドベストで走っています。全日本予選こそ序盤の出遅れが響いて15位に終わりましたが、全体的には悪くなかったトラックシーズンだったのでは?

 

駅伝シーズン、まずは箱根予選突破が大きな目標となってきます。過去5年で4度箱根予選に出場し、10位、9位、6位、7位と通過を1度のがしただけではなく、いずれも上位での通過は出来ていないんですよね。。。下位通過での箱根シード獲得というのももちろんありますが、やはり出来れば上位通過を狙っていきたいところ。

 

デレセ、西、馬場、戸部ら中心となる選手は揃ってきましたので、夏合宿を経ての新たな選手の台頭に期待ですね。8~12番手の選手層が厚くなってくれば、箱根予選も安心して見ていられそうなだけに。。。まずはきっちりと箱根予選通過を果たし、本戦では4年ぶりのシード獲得、目指して欲しいです!!


PAGE TOP