2017年 トラックシーズン振り返り ~帝京大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、今日は、帝京大学について見ていきます。特に1万mでは多くの主力がベスト連発と大盛況でした。ルーキーが早速戦力となってくれたのも大きいですね。関東インカレや全日本予選でもしっかりと結果を残し、充実したトラックシーズンと言えるのでは?

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:3点(8位、9位)

島貫が14分12秒のベストをマークしチーム8番手、10秒更新してきました。そのセカンドベストも今年度マーク、全日本予選でも2組4位で好走と一気に台頭してきた選手の1人です。さらに、ルーキーの星も14分14秒でベストを6秒更新、セカンドベストも島貫同様に今期マーク、全日本予選でも3組15位と入学早々からずっと好走を続けています。

 

トップ10圏外では田村岳が14分20秒でベストを1秒更新、こちらも全日本予選で1組14位と好走…5千でベストを出した選手はいずれも全日本予選で好走してますね。力をつけてきていますね。セカンドベストでは、佐藤が14分14秒、岩佐が14分15秒、畔上と14分16秒といずれもベストから数秒遅れで走っており、ベストを出した選手は少ないですが、しっかりと走れているところを見せてくれました。

 

10000m:23点(2~8位)

トラックシーズン終了時で23点というのは驚異的ですね。。。29分15秒を出した佐藤を筆頭に29分17秒の畔上、29分19秒の岩佐までが29分10秒台、さらに29分30秒台では30秒の星、32秒の横井、小野寺、33秒の島貫と2位~8位がいずれもベストを叩き出しています。

 

ここまで主力が揃って自己ベストを出すというのも珍しいですね。3大駅伝にまず出場するであろう主力でベストを出せなかったのは、出遅れた竹下くらいですからね。トップ10圏外では、29分47秒の濱川、48秒の田中に30分3秒の井田、4秒の吉野と全大学を見渡しても、1万mでここまでベストを出したのは帝京くらいでは?さらに、セカンドベストも多くの選手が出していますからね。充実したトラックシーズンとなりました。

 

トラックシーズンは、自己ベスト連発だけではなく、全日本予選で竹下も戻ってきましたし、きっちりと6位通過を果たしていますから、上々でしょう。駅伝シーズンに向けても選手層が一段と厚くなり、箱根予選ではトップ通過を争う大学の1校になってくるのでは?全日本は前回10位と好走しているだけに、今回は1ケタ順位を狙って欲しいですね。そして、前回後1歩で逃したシード権、今回は勝ち取ってくれれば!!


PAGE TOP