2017年 トラックシーズン振り返り ~中央大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、今日は、中央大学について見ていきます。自己ベストを出す選手もまずまずですし、全日本予選もここ数年では最も通過が期待される走りでしたからね。新戦力の台頭も見受けられましたし、2年ぶりの箱根出場に向けて期待が高まりますね。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:4点(5位、9位)

14分13秒をマークした中山がベストを10秒更新、5位に食い込んできました。今年度最も飛躍を遂げた選手ですね。3大駅伝・予選会通じて初出場だった全日本予選での3組5位は衝撃的でした。中山の台頭は中央にとって大きな戦力アップとなりそうです。もう一人ベストを出したのがルーキーの加井、4月9日に早速14分19秒で高校ベストを2秒更新してきました。

 

昨年度もでしたが、ルーキーが即戦力となってくれるのは大きいですね。特に、町澤世代が卒業し、主力がごっそりと卒業してしまった後ですから余計に…トップ10圏外では、関口が14分22秒を出して9秒ベストを更新、3年生が中山に続いて関口も頑張っていますね。堀尾がエースの1人として抜けていましたが、箱根経験者の苗村や全日本予選に出場した神崎らとともに3年生の層も厚くなってきました。

 

10000m:8点(5位、6位、8位)

1万mでも中山が自己ベストを更新、元々29分19秒と高いレベルのベストでしたが、さらに3秒更新し29分16秒となりました。5千同様にチーム5番手のタイムとなりました。このタイムを叩き出したのが、全日本予選となると、中山への期待は高まるばかりです。ハーフも64分12秒まで縮めていますし、箱根予選が楽しみすぎる…

 

さらに、ルーキーながらいきなり29分36秒をマークしたのが池田、チーム6番手の好タイムです。全日本予選に出場出来なかったのは残念ですが、こちらも加井同様に即戦力として期待される選手ですね。もう一人ベストを更新したのが2年の安永、29分47秒ということでベストを57秒も更新してきました。前回の全日本予選で3組最下位に沈んで以降、あまり姿を見せていませんでしたが、この走りは頼もしい限りです。

 

トップ10圏外でも、4年の蛭田が29分57秒、5千でベストを出したルーキーの加井が30分5秒でベストを出すなど、トップ10圏外でもタイムを伸ばしてきているのは、選手層の厚さに不安のある中央にとっては心強いですし、1~4年まで万遍なく走れているのも良いですね。主力では舟津が29分6秒、竹内が29分13秒でともにセカンドベストを出し、しっかりと結果を残しています。

 

こうしてみていると、昨年度と比べても非常に充実したトラックシーズンが送れたのではないでしょうか?強いて言えば、後一歩まで迫った全日本予選を突破して欲しかったところですが…残す目標は前回途切れてしまった箱根出場となります。前回6人走った4年生が卒業してしまった穴は大きいですが、主力できっちりと走ったのは関東連合にも出場した堀尾くらいなんですよね。

 

前回は下位に沈んでしまった舟津、竹内といった主力に出場さえしていない中山、さらにベストを出したルーキーに実績ではNo.1の畝も加わって総合力では前回を上回っていることでしょう。2年連続で箱根出場を逃すと、一気にチームも弱体化につながりやすいですし、前回の悔しすぎる経験を活かし、今回は何が何でも予選を突破してもらいたいものです!!


PAGE TOP