2017年 トラックシーズン振り返り ~国士舘大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、今日は、国士舘大学について見ていきます。昨年度は久しぶりに全日本、箱根の両方に出場を果たし、今年度は初めて留学生を迎え入れましたが…今のところ、キトンガは目立った走りが出来ていませんね…関東インカレ、全日本予選ともに下位に沈んでおり、心配です。。。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:6点(2位、10位)

主力の1人である戸澤が14分17秒でベストを更新、チーム2番手のタイムをマークしています。ただ、2番手が14分17秒というのはちょっと寂しいですね…戸澤は全日本予選、箱根予選ともに住吉に次ぐ安定感を見せているのが心強いです。後は、3大駅伝本戦でも結果を残してくれれば…

 

もう一人、内山が14分33秒でベストを1秒更新、ギリギリ10番手に入っていますね。トップ10圏外ではギトンガが14分37秒、4年の谷村が14分44秒でベストを出していますが、いずれもタイムとしては物足りないですよね。。。セカンドベストとなると、ベストと同じ14分17秒を出した戸澤に14分19秒の多喜端、14分20秒の八巻と主力がまずまずのタイムで走っていますね。

 

10000m:2点(8位)

1万mで唯一ベストを更新したのは、留学生のギトンガ、29分42秒で走っていますね。チーム8番手となっています。ただ、全日本予選では29分54秒で走るも35位…特に終盤は大きく遅れてしまい、ほろ苦い予選会デビューとなってしまいました。

 

トップ10圏外では、初の1万mを30分26秒で走ったルーキーの加藤、4年の岩崎が30分27秒でベストを出しています。特に加藤は初の1万mが全日本予選という状況の中、しっかりと走ってくれたと思います。3,4年生中心の国士舘において、ルーキーから戦力になってくれれば、非常に心強いですね。セカンドベストでは5千同様に多喜端が全日本予選で29分32秒で走っています。

 

セカンドベストも含めれば更新した人数としては決して悪くは無いと思うのですが…タイム的にはもう一歩という選手が多かったですかねえ。全日本予選では13位、良かった選手と悪かった選手の差が激しかったのが響きました。最大の目標となる2年連続の箱根予選突破に向けては、特にチーム8~12番手の選手の走りが大事になってきますからね。

 

夏合宿を経て、ギトンガが住吉と並ぶエース格となってくれると期待しつつ、さらに選手層の底上げは必須ですね。トラックシーズンを見ていると、ちょっと箱根予選突破は苦しそうにも思えますが。。。ここ2年、箱根予選にはしっかりと合わせてきていますし、今回もその勝負強さを存分に発揮し、箱根連続出場、果たして欲しいです!


PAGE TOP