2017年 トラックシーズン振り返り ~神奈川大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、今日は神奈川大学について見ていきます。その前に…世界陸上がついに開幕しましたね。そして、早速行われた男子1万m決勝、凄かったですね。まさにファラー包囲網、ファラーの得意な展開にはさせじとアフリカ勢が代わる代わるハイペースで引っ張り、決着は26分40秒台…それでも、最後に優勝してしまうのが絶対王者たる所以ですよね。

 

では戻りまして…箱根駅伝以降、その勢いは留まることを知らない神奈川大学、トラックシーズンでもその強さを存分に見せつける結果となりました。自己ベスト更新ではそれほどではないのですが、関東インカレ、全日本予選という2大大会において、いずれも好成績を残したのが好印象ですね。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。

更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:11点(3位、4位、6位)

箱根5区を任された大野が14分8秒で高校ベストを3年半振りに9秒更新、チーム3番手に躍り出ました。1年から活躍している選手ですが、意外にも5千だけは高校ベストのままだったんですよね。そして何と言っても大活躍だったのが14分9秒を出した鈴木祐、このベストは関東インカレで日本人トップとなる5位で叩き出したタイムですから、その価値の高さが分かります。

 

さらに、箱根3区を走った越川も14分10秒でチーム6位となるタイムをマーク、主力と目される選手たちが順調にタイムを伸ばしてきました。さらに、トップ10圏外では枝村が14分16秒で自己ベストをマーク、2年の箱根予選以来、なかなか出番が回ってきませんが、最終学年でもう一花咲かせてくれれば。

 

10000m:4点(4位、9位)

大塚が29分10秒でベストを6秒更新、関東インカレ2部ハーフも5位入賞を果たしていますし、箱根以降の神奈川大の強さを象徴する選手の1人ですね。多和田も29分20秒でベストを7秒更新し、チーム9番手に入ってきました。1年の全日本予選、全日本を走って以降、2年時はエントリーさえありませんでしたからね。争いは熾烈ですが、再び出場が期待されます。

 

トップ10では二人だけですが、枝村が5千に続いて1万でも29分30秒でベストを出した他、安藤が29分43秒、安田が29分50秒で2年生が揃って29分台でのベスト、徳川も30分3秒ながらベストと多くの選手がベストを出しているのが印象的でした。ますます、選手層が厚くなってきましたね。

 

セカンドベストとなるとさらに凄まじく、持ちタイムトップ10のうち実に7人がセカンドベストを出すという状況です。28分台を出した山藤、鈴木健に29分前半の鈴木祐、大塚、荻野、29分30秒台で越川、宗となっています。勝負レースでも記録でも充実したトラックシーズンであったことが伺えます。

 

ここまで好成績だと、駅伝シーズンへの期待は否が応でも高まるばかりです。久しぶりの出場となる出雲も絶対的エース鈴木健を筆頭にスピードのある選手が揃っていますし、一方で全日本、箱根と距離と人数が増えていけば、層の厚さも上級生中心のチーム状況も活きてきますからね。3大駅伝全てで優勝争いに絡むような活躍、見せてほしいものです!!!


PAGE TOP