2017年 トラックシーズン振り返り ~中央学院大学~

インターハイの振り返りでしばらく空いてしまいましたが、今日からはまたトラックシーズンの大学ごとの振り返りに戻ります。中央学院大学について見ていきます。トラックシーズンでは、関東インカレ2部ハーフでトリプル入賞を果たす一方、記録会ではきっちりとベストを更新し、今年度も元気な姿を見せてくれました。

 

自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。

※更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:10点(2位、3位、9位)

着実に自己ベストを更新し、今年度は13分57秒をマーク、4年にしてついに13分台ランナーとなった新井が2位、昨年度は3大駅伝フル出場を果たし、一気に主力の仲間入りを果たした廣が14分3秒で3位とこの二人が大きく点数を稼ぎました。さらに、全日本を走った福岡も14分15秒で9位に入っており、10点と二桁に載せてきました。

 

トップ10には入れませんでしたが、14分17秒のベストを出した光武、14分26秒で走った市山と3年生が多くベストを出したのが目立ちましたね―。さらに、セカンドベストが多いのも良いですねー。ベストを出した選手では廣が14分12秒、福岡が14分17秒のセカンドベストを出しています。他にも14分7秒の高砂、14分19秒の細谷、14分26秒の藤田と3大駅伝経験者が揃ってしっかりと走れており、充実のトラックシーズンだったことが伺えます。

 

10000m:9点(3位、5位、7位)

5000mには1点及ばなかったものの、1万mもまずまずですね。まずは5千でもベストを出した光武が1万mで29分20秒、これはチーム3番手の好タイムです。まだ3大駅伝のエントリーもありませんが、3年にてブレイクが期待される選手の1人です。エース格の1人である細谷は29分24秒でベストを1秒ですが更新、走力から考えればまだまだタイムも伸ばせそうですけどねー。

 

もう一人、5千のベストに続いて位置山も29分32秒のベストをマーク、チーム7番手に入ってきました。箱根には2年連続エントリーも後一歩走れず、今年度は3部門全てで好走を続けており、この調子ならば3大駅伝デビューも近そうです。トップ10圏外では、期待のルーキー高橋が29分40秒と上々のタイムをマーク、関東インカレ3000m障害でも3位に入っていますし、早速その力を見せていますね。

 

セカンドベストとなると、持ちタイムで2トップを誇る高砂、大森がともに29分11秒で走っていますね。高砂は5千もセカンドベストを出しており、後一歩ベストに届かないのは本人ももどかしいかもしれませんが、エースとして期待される選手が抜群の安定感を見せているとも言えそうです。大森は関東インカレでのベストというのも素晴らしいですねー。

 

駅伝シーズンに向けて、トラックシーズンは順調にきていることが伺えます。出雲4位、全日本5位、箱根6位といずれも好成績で驚きを与えましたが、今回の戦力と充実ぶりを考えると、前回以上の走りを見せてもおかしく無いほどですからねえ。今回は、是非とも優勝争いに絡んでいってほしいものです!!


PAGE TOP