2017年 トラックシーズン振り返り ~大東文化大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続けていきます。今日は、大東文化大学について見ていきます。全日本予選ではここ最近では最高順位となる4位通過、以前よりも安定感のある選手も増えてきましたね。前回の箱根予選はトップ通過、となるとそろそろ予選会以外でも結果を残していきたいところです。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。

更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:9点(2位、3位)

新井が自身2度目の13分台となる13分56秒をマークして2位、奈良も高校ベストを2秒更新して14分5秒、この二人がチーム2,3位のベストをマークしています。そして、いずれも全日本予選の3組に出場し、揃って好走しているのがまた心強い。ともに箱根予選での好走はあったものの、それ以外はなかなか結果を残せていませんでしたからね。

 

スピードのある二人が3大駅伝で主要区間を安心して任せられるようになると、3大駅伝でもっと勝負できるようになりそうです。セカンドベストでは全日本予選で最終組を任された齋藤が14分15秒で走っています。トラックで結果を残した選手が順当に全日本予選でも順当に大事な組を任されました。

 

10000m:7点(2位、7位)

チーム2位となる29分6秒を叩き出したのが林、それも全日本予選の最終組でマークしてしまうのですから、頼りになります。5千のベストは14分30秒、ハーフ62分台でロードに強い印象でしたが、今年度はセカンドベストも29分19秒を出していますし、一気にエース級にまで台頭してきたのかなあ?3大駅伝でも活躍がより楽しみになりました。

 

もう一人、トップ10でベストを出したのが5千に続いて新井、29分12秒でチーム7番手ですね。28分台が前田1人しかいないののい、7番手で29分12秒というのが凄い。こちらも全日本予選3組で見せた会心の走りでした。トップ10圏外では、奈須が29分58秒のベストを出しており、3人とも全日本予選でのベストとなりました。

 

コンディションが良かったというのはもちろんありますが、勝負レースでもてる力を発揮出来るというのは、心強い限りですね。セカンドベストでは、奈良がこれまた全日本予選で29分25秒、後は川澄が記録会で29分43秒で走っており、充実したトラックシーズンと呼べるのではないでしょうか?

 

駅伝シーズン、まずは箱根予選ですねー。2年連続のトップ通過となれば最高ですが、まずは中位でもきっちりと通過してくれれば。前半から積極的な大東大の走りは見ていて楽しかったですが、その一方で後半一気に失速しないかと不安にもなりましたね。。。3大駅伝では過去2年、最も良くて出雲の12位と結果を残せていないだけに、予選会のような走りも本戦でも見せて欲しいですね!!


PAGE TOP