2017年 トラックシーズン振り返り ~法政大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続けていきます。今日は、法政大学について見ていきます。関東インカレではエース坂東が大活躍、全日本予選もきっちりと5位通過と箱根シード獲得が運ではなく、実力であることを改めて示してくれました。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。

更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:8点(1位、5位)

まずは何と言っても坂東ですよねー。13分49秒の好タイムでベストを17秒も更新してきました。私も観戦していましたが、外国人選手の中に坂東が混じって粘っている~とびっくりしていました。ここから、坂東のトラックでの大活躍が始まりましたね―。チーム2位に23秒も差をつけるダントツのトップタイムを誇ります。

 

もう一人ベストを更新したのが佐藤、坂東が絶対的エースとして君臨していますが、では2番手は?と問われれば私は佐藤を推します。14分19秒のベストはチーム5番手、さらにセカンドベストの14分24秒も今年度マークしています。トラックのタイムも伸ばしてきましたが、それ以上にロードの強さが魅力的ですね。トップ10圏外では、強矢が14分33秒、東福が14分38秒ですがベストを更新しています。特に東福はまだまだタイムを縮められそうですけどねー。

 

10000m:11点(1位、5位、6位)

1万mも28分44秒を叩き出したのは坂東、それも関東インカレ1部で5位入賞を果たした走りというのがさらにその価値を高めています。まさかここまで強くなっているとは…全日本予選はセカンドベストに届かずもきっちりと28分台で走っていますし、まさに向かうところ敵なしという状況ですね。3大駅伝でもエース区間で大暴れしてくれることでしょう。

 

5千同様に5位に入ったのがこれまた佐藤、29分28秒は全日本予選の最終組でマークしたタイムです。坂東同様に大事な大事な勝負レースでベストを出してきてくれるんですよね―。本当に頼りになる存在です。さらに、セカンドベストも同じく29分28秒で今年度マーク、5千、1万mともにベスト、セカンドベストを叩き出しているのが、佐藤の成長ぶりを物語ります。

 

もう一人ベストを出したのが青木、29分30秒でベストを14秒更新してきました。そして、これまた全日本予選3組でのタイムなんですよねー。青木は関東インカレ1部3000mの覇者でもありますし、出すべく選手が出すべくタイミングでベストを叩き出したという印象です。

 

私がDB登録している選手では他にベストをマークした選手はいませんが、狩野が29分47秒、磯田が29分49秒でセカンドベストをいずれも全日本予選で出していますし、他には30分13秒で岡原、30分24秒で強矢がセカンドベストですね。今年度の充実ぶりを物語るかのように、多くの選手がしっかりと走れています。

 

3大駅伝フル出場を無事に決めて迎える駅伝シーズン、本当に期待は高まるばかりです。ちなみに前回、3大駅伝フル出場したのは西池、関口を擁した4年前で出雲8位、全日本12位、箱根11位という結果でした。今のエース力、総合力を考えれば、この全ての順位を上回ってきてもおかしくないですね。オレンジ旋風、今年度の駅伝シーズンも見せて欲しいです!!


PAGE TOP