2017年 トラックシーズン振り返り ~明治大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続けていきます。今日は明治大学について見ていきます。全日本予選では7位通過となるなど、なかなか噛み合わない状況が続いていますが、エース坂口の復活や新戦力の台頭など明るい材料もありました。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。

更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:4点(3位)

5千でベストを更新したのは田中が13分58秒とチーム3人目の13分台をマークしたのみですね。トップ10圏外でも、私がデータベースに登録している選手では誰もベストを更新出来ておらず、セカンドベストもいないかなあ。

 

今年はどうしても好条件の記録会が少なかったですし、既に平均持ちタイムも5位とハイレベルですからね。とはいえ、ちょっと寂しい結果でもありますね。駅伝シーズンには、特にまだトップ10に入っていない選手のベスト連発を期待したいところ。

 

10000m:7点(1位、7位)

1万mでは何といっても坂口ですよねー。全日本予選、最終組で見せた会心の走りが28分35秒でベスト、セカンドベストも関東インカレで叩き出した28分40秒ですからね。箱根予選で大惨敗となり、苦しいチームにおいてまさに希望の存在となりました。今後は怪我や体調不良など無く、チームを復活へ導いていってほしいものです。

 

もう一人ベストを出したのがルーキーの酒井、いきなり29分30秒で7位に入ってきたのはちょっとびっくりしました。No.1ルーキーとして期待された前田が故障で出遅れてしまいましたが、まずは酒井が好走しました。同じくルーキーの村上も既に1万mを走り、30分16秒で走っています。

 

トップ10圏外では、他に角出が29分46秒でベストを更新、このタイムは全日本予選1組で叩き出したものですねー。1年時からエントリー止まりだった角出がついに戦力になってくれたのは、チームにとっても大きいですね。全日本予選では3年生の活躍が目立ちましたしね。他には中島が全日本予選最終組で29分48秒、苦しい走りでしたがセカンドベストとなりました。

 

ここまで、4年生がの名前が一度も挙がっていないのが寂しすぎますね。。。末次、磯口といった3大駅伝を複数回経験している選手たちには、本来チームを引っ張る存在となって欲しいですし、他の4年生も下級生に負けじと最上級生の意地に期待したいところ。2年連続の箱根予選、決して慣れたくは無いですが、前回の経験は活かして再びの上位通過、そしてまたシード常連校へと戻ってきてほしいものです!!


PAGE TOP