2017年 トラックシーズン振り返り ~東洋大学~

インターハイまで後1週間ですね。高校生は相変わらずあまり詳しくありませんが…インターハイの展望も近々取り上げようかなあ。その前に、トラックシーズンの大学ごとの振り返り、今日は、東洋大学について見ていきます。関東インカレでは何人もの入賞者を出し、今年度も強さを見せている東洋、ルーキーも早速活躍を見せています。自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。

 

※更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:8点(1位、5位)

期待のルーキー西山は入学時点で既に5千ベストチームトップタイムを誇りましたが、そのベストをさらに更新して13分51秒、前評判通りの走りを早速見せています。関東インカレも上々の走りでしたし、1年目から3大駅伝フル出場も十分にありそうですね。

 

関東インカレハーフ2位など名実ともにエースへと成長を遂げた山本修も13分56秒で6人目の13分台ランナーに。2017年に入ってから3部門全てでハイレベルなベストを更新しており、ようやく走力にタイムが追いついてきた感じですね。こちらは3大駅伝全てでエース区間を担ってくれることでしょう。他には福井が14分25秒でベストを更新、3大駅伝のメンバー入りも期待されるところです。

 

10000m:10点(1位、2位)

トップ10の自己ベストは2人だけですが、チーム1,2位が更新したということで10点獲得しています。相澤が28分44秒とチームトップタイムをマーク、30分台だったベストが走力に見合うところまで伸ばしてきました。関東インカレハーフで入賞するなど既に主力の1人となっており、3大駅伝で主要区間を担って欲しい選手ですね。飛躍の1年にしてくれれば。

 

山本修も28分50秒のベストをマークし、チーム2番手に。相澤とともに13分台&28分台&62分台ランナーとなりました。このタイムは関東インカレで7位入賞を果たして、叩き出したものですからね。勝負レースでの強さはもはやチームNo.1と言っていいでしょう。主力が順当にベストを出しています。

 

一方で中堅どころとなると、なかなかベストを更新することは出来ていませんね。私がデータベース登録している選手は他にベストを出せていませんし、セカンドベストを出した選手を見ても、29分42秒を出した竹下とともに30分10秒台だった中村と山口くらいかなあ?

 

例年に比べると、ちょっと選手層が薄いだけに、夏合宿を経て新戦力となる選手の台頭に期待ですね。最も、東洋の場合は毎年のようにそんな選手が出てきますが…そして迎える駅伝シーズン、3大駅伝全てで優勝争いに加わって欲しいです!!


PAGE TOP