2017年 トラックシーズン振り返り ~城西大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続けていきます。今日は城西大学について見ていきます。ここ最近はなかなか3大駅伝・予選会で結果を残せていない城西大学ですが、このトラックシーズンは3年ぶりに全日本予選を突破するなど、元気な姿を見せてくれました。自己ベスト更新をポイント化すると、以下の通り。

 

※更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:11点(1位、2位、10位)

チームの1,2位がベストを更新しているのが大きいですね。中島、西嶋ともに13分54秒と好タイムでのベストをマークしています。特に中島は関東インカレ1部5000mで2年連続の入賞を果たしていますからね。勝負強さも身につけてきましたし、名実ともにエースとしての走りをみせています。

 

西嶋も既に13分台を複数回、それも今年度マークしており、勝負レースでも結果を残せるようになれば心強い存在となりそう。もう一人、大石が14分18秒で10位に入ってきました。2年連続全日本予選で1桁で走るなど勝負レースでの実績も豊富、タイムもまだまだ伸ばせそうですけどねー。トップ10圏外では大久保に全日本予選1組18位だった中原がともに14分28秒でベストを出しています。

 

10000m:5点(2位)

トップ10で唯一ベストをマークしたのが金子、関東インカレ1部ハーフ4位など勝負レースでの実績はチームNo.1を誇る金子は既に1万mでもベストを複数更新、29分10秒のベストは全日本予選でチームを本戦に導く走りでマークしたものですからね。中島と金子の3年生コンビは本当に頼りになる存在となりました。

 

トップ10圏外では荻久保が29分40秒で11位のタイム、さらにルーキーの梶川も初の1万mで30分20秒をマークし、全日本予選メンバーにも入ってきました。ベストには届いていませんが、中島が29分1秒、菅が29分40秒、中原が29分48秒でいずれもセカンドベストをマークしており、ポイントこそ低めですが、上々のトラックシーズンだったのではないでしょうか?

 

そして迎える駅伝シーズン、もちろん目指すは前回逃した箱根出場ということになります。中島、金子のダブルエースを筆頭に3年生以下は順調にきているようですから、鍵をにぎるのは4年生になりますかねえ。全日本予選では山本、菅が走っていますがともにもう一歩でしたし、中舎、酒井といった主力もあまり姿を見せていません。

 

やはり、20kmの箱根予選となると実績豊富な4年生の力が必要になってきますからね。箱根予選にはしっかりとベストメンバーで臨み、2年ぶりの箱根復帰、期待したいです!!


PAGE TOP