2017年 トラックシーズン振り返り ~國學院大學~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続けていきます。今日は、國學院大學について見ていきます。トラックで好調だった大学の1つですね。主力が軒並みベスト更新、さらにエースが台頭してきましたからね。それも二人同時に…駅伝シーズンに向けて、頼もしい限りです。トラックシーズンの獲得ポイントは以下のとおりです。

 

※更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:20点(1~4位、8位)

上位4人が揃っての自己ベスト更新ということもあり、20点獲得とは素晴らしいですね。唯一13分台のベストを叩き出した浦野に14分4秒をマークした向と二人の新エースが順当にトップ2を占めることに。さらに、江島が14分14秒、熊耳が14分16秒で続きました。

 

1万mでも取り上げますが、この4人は4人とも1万mでベストを更新、さらに全日本予選では3,4組を任されていますからね。まさに、中心選手となる4人が持ちタイムでも勝負レースでも結果を残しています。さらに、ルーキーでは臼井が14分20秒をマークして8位に入ってきました。ルーキーがメンバー争いに加わってくるようだと、さらに選手層が厚くなりますね。他にも芹澤が14分27秒でベストを出しています。

 

10000m:17点(1位、2位、4位、5位)

5千には3点及びませんでしたが、1万mも17点はこの時期としては素晴らしいですよね。1万mはトップ5のうち4人がベストを叩き出しています。そんな中でも、1,2位を占めるのが28分49秒を叩き出した向に29分8秒の浦野と5千に続いて1万mでも二人がトップ2となっています。しかも、向のベストは全日本予選での快走、浦野は関東インカレでマークしていますからねえ。

 

トラックシーズンの2大勝負レースでベストを出しているのがますます素晴らしく、この二人がチームの中心となっていくのは間違いないでしょう。向はセカンドベストも28分台を今年度マークしていますね。さらに、5千で3位の江島が29分16秒で4位、4位の熊耳が29分17秒で5位とこちらもしっかりとタイムを残しており、熊耳のベストはこれまた全日本予選でマークしたものです。熊耳は箱根予選でチーム6番手で走って以降、全日本6区6位、箱根8区6位、全日本予選3組6位とずっと6位…安定しています。

 

江島もセカンドベストの29分22秒は今年度の全日本予選でマークととにかく主力の成長、ハイレベルでの安定感が目立ちます。他には1秒トップ10には届きませんでしたが、全日本予選でも2組10位と好走して松永が29分37秒のベストを出しています。ここまで主力が揃ってベストを更新している大学も珍しいですね。その一方で主力以外となると、あまり目立った台頭は無かったとも言えるのかなあ…

 

こうなると、駅伝シーズンが非常に楽しみになってきます。前回は8位と下位通過だった箱根予選は上位通過が期待される大学の1校でしょうし、元々選手層が厚いところから抜け出してきた主力選手が複数いるというのは、大きなアドバンテージとなりそう。全日本は前回も9位と好走しており、前回以上の順位も狙えそうですね。さらに、もう6年遠ざかっている箱根シード獲得も…と期待は高まるばかりです。トラックシーズンの好結果、駅伝シーズンに繋げてくれれば!!

 


PAGE TOP