2017年 トラックシーズン振り返り ~山梨学院大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続けていきます。今日は山梨学院大学について見ていきます。前年度、関東インカレ1部では1万mとハーフでトリプル入賞を果たすなど大暴れだったのに比べると、今年度はニャイロこそ元気な姿をみせていましたが、他の主力は永戸以外はもう一歩という走りが続いていたのかなあ…

 

※更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:0点

あららっ、早稲田に続いて山梨学院は5000mはトップ10のベスト更新がありませんね。トップ10だけではなく、私がDBに登録している17人のいずれもベストは更新無いという結果に…さらに、セカンドベストも私の把握している限りは誰もマーク出来ていないという5000mは何とも物足りない結果に終わってしまいました。

 

あまり5000mの記録会には出場していないのもあるのかなあ?既に13分台は14分1桁を持っている主力はともかく、10番手でも14分19秒というベストですし、トップ10のうち6人が4年生、1年生が1人もいないという状況を考えても、3年生以下からどんどんトップ10に食い込んでくる選手が出てきて欲しいところ。

 

10000m:7点(4位、7位、9位)

ホクレンで28分57秒、チーム4番手のタイムを叩き出した永戸の走りが光りますね。もはや、日本人選手ではトップクラスの安定感を誇ります。決して恵まれたコンディションではない中でのタイムなだけに、まだまだタイムを伸ばしていけそうです。前回の箱根を走った久保も29分20秒までベストを伸ばしてきました。

 

3年生はニャイロ、永戸が大きく抜け出た状況となっていますが、久保が計算出来るようになってくると、グッと層も厚くなりますね。もう一人ベストを出したのが2年の井上、29分46秒でベストを46秒も更新してきました。2年生もなかなかメンバー争いに絡めていないだけに、今回ベストを出した井上や首藤あたりには3大駅伝出場を期待したいところ。

 

駅伝シーズンに向けては主力の状態、新戦力の台頭のいずれも不安が残るトラックシーズンだったかなあ。たくさん加入したルーキーもなかなか一気にベストを伸ばしてくるとはいかないですしねえ。夏合宿を経て一気に台頭する選手が出てきてくれれば。出雲はシードがありますが、箱根予選との兼ね合いからベストメンバーを組むことは困難、まずは箱根予選をきっちりと上位通過し、全日本、箱根で強い山梨学院の走りをみせてくれれば。


PAGE TOP