2017年 トラックシーズン振り返り ~上武大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続けていきます。今日は、上武大学について見ていきます。その前に、潰滝のロンドン世陸の出場が正式に発表されましたね。応援している選手の1人なだけに嬉しいです♪男子トラック長距離では唯一の出場となる選手、悔いのない走りをして欲しいです。上武のトラックシーズンのベストの更新割合をポイント化すると以下のとおりです。

 

※更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:7点(2位、7位)

トップ10に入る走りで5千のベストを更新したのは、14分9秒をマークした熊倉と14分24秒を出した岡山のみ。後は14分40秒ながらベストだった大森くらいとなると、5000mは一見奮わなかったように見えます。しかし、セカンドベストも合わせるとまた違った見え方が出来ます。

 

エースの1人である坂本はベストに1秒届かずも14分14秒のセカンドベストで走っていますし、同じく太田黒も14分17秒はベストに1秒届かないだけです。エース級がベストに届かずもきっちりと走れているというのは、好材料ですね。他にも小林が14分29秒のセカンドベストで走っています。秋には、ベスト連発といきたいところ。

 

10000m:9点(4位、6位、8位)

大森が29分41秒で4位に入る走り、5千に続いてダブルでポイント獲得ですね。今年度、ハーフでも64分51秒を出してベストを更新している勢いのある選手、前回の箱根予選は128位でしたが、今年度は主力の1人として稼ぐ役割を期待したいところ。岡山も大森同様に5千に続いて1万mでも30分9秒をマーク、8位に入ってきています。全日本予選もまずまずの走りでしたし、こちらも主力となってくれれば。

 

他には関稜汰が30分2秒でベストを36秒も縮めてきました。まだ、3大駅伝・予選会のエントリーはありませんが3年生となり、そろそろ出場して欲しい選手の1人です。他にもトップ10には入っていませんが、3年の石井が30分28秒、松下が30分45秒でベストを更新、さらにセカンドベストでは、5千同様に坂本が29分21秒、太田黒が29分44秒で走っています。

 

全日本予選は非常に残念な結果に終わりましたが、トラックシーズン全体として見れば、そんなに悪い走りでは無かったように思えます。まずは夏合宿をしっかりとこなし、駅伝シーズンにはさらなるベスト更新、そして最大の目標である箱根予選突破を果たしてほしいものです。


PAGE TOP