2017年 日本選手権 1500m決勝レース結果 ~館澤が初優勝~

日本選手権2日目、男子長距離種目では1500m決勝が行われました。今日は1500mを中心に男子100m決勝も振り返っていきます。

 

1500m 決勝

前回、表彰台に上った3人がいずれも決勝にいない状況となった決勝、予選はハイペース連発だったため、決勝もハイペースが期待されましたが、序盤は見るからにスローペースに…有力選手がズラッと揃った場合、得てして牽制してしまうことがありますよねー。日本選手権での1500m決勝は過去にも4分台の優勝タイムなんてこともありましたし。。。

 

そんな中、トーエネックの中川、東海の木村らが先頭に立って一気にペースを上げていくことに。ラストの切り替え勝負となると、1500m中心の選手が有利かと思いましたが、ラスト勝負になっても館澤の強さは揺るがなかったですね。ラスト1周で抜け出すと、そのまま後続に追いつかれること無く見事に初優勝、タイムは3分49秒と平凡でしたが、今年度の強さは本当に驚異的ですね。

 

1500mに力を入れ始めたと思ったら、いきなり好タイム連発、関東インカレ1部優勝、学生個人選手権優勝、そして日本選手権優勝と無敵の強さを誇っています。同じ東海のOBである荒井に続いての学生チャンピオンかなあ。まだ2年生、1500m以外ではどんな走りを見せてくれるのか、今から楽しみですね。

 

2位には前回4位だった住友電工の遠藤日向が入りました。高校No.1ランナーが即実業団に進んだということで注目されましたが、順調に来ているようで何よりです。今後は5000m,1万mでどんなタイムを出してくるか楽しみです。3位には大阪ガスの廣瀬、明治大学時代は箱根6区でも活躍しましたが、短い距離も強かったですよね。ラストで後一歩日向に届かずでしたが、3位表彰台はお見事です。

 

4位以降は日立物流の牟田、小森コーポの楠、MHPSの的野、中央の田母神、トーエネックの中川といずれも3分51秒と大接戦、ここまでが入賞となりました。前回は苦しい走りになった牟田がリベンジとばかりにきちりと4位に入ってきました。他にもスピードのある選手が揃っています。弾馬は11位でしたが、1500mはちょっと短すぎるかなあ。

 

100m決勝

今大会、最も注目を集めたのは男子100mでしょう。他の種目との注目度の差は大きすぎて、長距離ファンとしてはやや複雑な心境ですが…元々、桐生、ケンブリッジ、山縣の3強と言われていましたが、関西学院の多田がいきなり追い風参考ながら9秒台を叩き出して注目を集め、さらにサニブラウンが準決勝で10.06と世界陸上の参加標準を突破、参加標準突破者が5人という過去稀に見るハイレベルな決勝となりました。

 

そんな中、サニブラウンが強かったですね。高身長な選手らしく?後半の伸びが凄まじい・・・準決勝でマークした自己ベストをさらに0.01秒更新する走りで初優勝を果たしました。高校時代に世界陸上200mで準決勝に進むなど大活躍、その後は故障に悩まされましたが、さらに強くなってもどってきたような・・・本命である200mも合わせての2冠も十分に期待出来そうです!!

 

今年度の飛躍では多田がNo.1ですよねー。関西インカレで快走して一躍注目を集め、さらに追い風ながら9秒台、さらに世界陸上の参加標準も突破してあっという間に優勝候補の一角を占めるまでになりました。今回もきっちりと2位を確保し、世界陸上への選出濃厚です。3位に入ったケンブリッジも3位は不本意でしょうが、こちらも恐らく選出されることでしょう。リオ五輪銀メダルメンバーで唯一の3位以内となりました。

 

逆に残念だったのが4位に終わった桐生と6位だった山縣という銀メダルメンバー。山縣は故障などもあって主要レースを回避したりしていましたし、何とか合わせてきた感じだったのかなあ。準決勝も奮いませんでしたし…世界の舞台で最も実績のある選手なだけに、残念でした。桐生は逆に意外でしたかねえ。準決勝も出遅れながらきっちりと走れていましたし、悪くても3位以内には入ると思ったのですが…


PAGE TOP