2017年 全日本予選戦力分析 國學院大學 ~3年連続の出場へ向け、頼もしいエースの台頭~

本日は國學院大學の全日本予選における考察を行っていきます。選手一覧は私のHPを参照してください。前回は10位以内もないものの、30位以下も無い安定した走りで5位通過、本戦でも4区間で一桁順位で走り、総合でも9位と健闘しました。エントリーは以下の通り。

 

1組 磯邊翔太 河野敢太
2組 松永拓馬 青木祐人
3組 熊耳智貴 江島崚太
4組 向晃平 浦野雄平
補欠 國澤優志 土方英和

 

エントリー上位8人の平均持ちタイム(1万m)は私が把握している予選会出場校18校中7位とタイム上は通過圏内に入っています。持ちタイムトップ8のうち、外れたのは6位の芹澤のみ、まずまず順当なエントリーと言えますね。3大駅伝経験者で外れているのも内田くらいです。

 

1組は29分32秒の磯邊に29分48秒の河野という二人。ともに持ちタイムはまずまずの4年生ですが、磯邊は2年前の箱根予選に出場しチーム最下位、河野は3大駅伝・予選会のエントリー自体初めてというのがちょっと不安かなあ。層の厚い國學院なだけに、1組ならばきっちりとまとめてくれるとは思いますが。ただ、気になるのが補欠の二人。

 

國澤は箱根9区で10位で走っている実力者でハーフも63分5秒を持っています。土方は前回の全日本予選で2組13位、全日本も5区4位と好走しており、2年ながら実績は豊富です。ともに1組に起用するのはもったいない二人ですが、3,4組に主力がビシっとエントリーされていることを考えると、1,2組への当日変更の可能性が高そうです。

 

2組は29分37秒の松永に29分46秒の青木という組み合わせ。松永は3大駅伝・予選会の経験はありませんが、今年度に入ってから1万mでベストをマークしているのが心強いですね。青木は前回の全日本に出場し3区10位で走っている選手。こちらも1組同様に崩れること無くまとめてくれればという感じかなあ?補欠と当日変更となれば、どちらであっても稼ぐ役割が期待されます。

 

3組は29分19秒の熊耳に29分16秒の江島の二人。熊耳は全日本で6区6位、箱根では8区6位と両方の大会で一桁で走っている貴重な存在、タイムも伸ばしてきており、3組でも十分に任せられそう。江島は今年度、5千でも1万mでもベストをマークして勢いのある選手です。2年前の全日本予選に3組31位で走っていますが、最近の走りを見る限りは上位で走ってくれそう。ベストを見てもチーム4,5番手と順当なエントリーだと思います。

 

4組は28分59秒の向に29分8秒の浦野という持ちタイムトップ2の二人。向は前回3組23位で走っており、今年度は5千で14分4秒、1万mもベストと好タイムを連発しており、最終組を任せるにふさわしい選手です。そして、全日本予選通過の期待を高めるのが新エース浦野の存在ですね。昨年度まではあまり目立った存在では無かったはずなのですが…

 

5千でいきなり13分59秒をマークして注目を集めると、関東インカレでは5千で9位、1万mで8位という素晴らしい走りを披露、1万mのベストはこの関東インカレでマークしたものです。2部といえど有力校が揃う中でのこの走りは素晴らしいの一言ですね。まさに今、國學院で最も強い選手であり、最終組であっても上位で走ることが計算出来るのでは?

 

かつては層は厚いもののエース不在と言われ、3,4組で逆転されることも多かった國學院ですが、待望のエース誕生により、最終組でも勝負できる陣容が整いました。総合力では前回以上だと思いますし、1~4組を、そして補欠を見ても、大きな穴になりそうなところは無いんですよね。崩れる選手が複数出てこない限りは、3年連続の全日本出場も十分に狙えそうです。

 

前回の全日本では見事な走りを見せてくれましたからねえ。今回も全日本出場権をきっちりと勝ち取り、再び本戦で見せ場を作ってくれれば!!全日本予選順位予想、沢山投票していただき、ありがとうございます。引き続き、まだ未投票の方は投票していただけると嬉しいです!


PAGE TOP