2017年 全日本予選戦力分析 神奈川大学 ~戦力大充実!まさかの棄権からトップ通過へ~

本日は神奈川大学の全日本予選における考察を行っていきます。選手一覧は私のHPを参照してください。前回は最終組、2位通過も狙える中、ラスト1周で途中棄権…目の前で起きた出来事を呆然と見ていました。今回はスーパーエースに充実の選手層、狙うはトップ通過ですかね。全日本予選順位予想を見ても、多くの方がトップ通過予想されていますね。エントリーは以下の通り。

 

1組 多和田涼介 荻野太成
2組 安田共貴 宗直輝
3組 大塚倭 鈴木祐希
4組 鈴木健吾 山藤篤司
補欠 大野日暉 越川堅太

 

エントリー上位8人の平均持ちタイム(1万m)は私が把握している予選会出場校18校中堂々のトップ、タイム上はトップ通過候補筆頭ということになります。持ちタイムトップ10のうち、外れたのは5位の大川だけですね。前回3組12位と好走している選手ですが、それを補って余りある戦力を誇ります。

 

1組は29分20秒の多和田に29分17秒の荻野という二人。1組とは思えない持ちタイムですね。多和田は1年の全日本以来のエントリー、1年の全日本予選では1組24位でしたが、その時から遥かに力をつけていますからね。十分上位で計算出来る選手です。荻野は関東インカレ2部3000m障害で2連覇を達成している選手、3大駅伝・予選会は初のエントリーとなりますが、トラックでの実績は抜群ですし、個人的にはトップを争う選手の1人ではと期待しています。

 

2組は1万mで29分50秒の安田に29分16秒の宗という二人。安田は今年タイムを伸ばしてきていますが、実績はまだ乏しく、3大駅伝・予選会のエントリーも初です。一方の宗は持ちタイムこそチーム6番手を誇りますが、こちらも3大駅伝・予選会は未経験。箱根のエントリーがあるだけです。

 

他の組との兼ね合いを見ても、当日変更の可能性があるとしたら、この2組かなあ?補欠に控えるのも、前回3組17位と上々の走りを見せた大野に前回2組17位で走っている越川ですからね。大野は箱根5区、越川は3区を走る主力たちです。2人とも3組を任されてもおかしくない選手で、豪華過ぎる補欠ですね!

 

3組は1万mで29分10秒の大塚に28分52秒の鈴木祐という二人。持ちタイム以上に魅力的なのがその実績、大塚は箱根8区2位に続いて関東インカレハーフで5位と快走、鈴木祐は箱根6区4位に続いて関東インカレ5000mで日本人トップの爆走と箱根でも関東インカレでも結果を残しています。他大からすれば、贅沢過ぎる3組ですよね。ともに最終組を任されてもおかしくないですし、3組ならば組トップを争うであろう期待の二人です。

 

4組は日本人大学生No.1ランナーの鈴木健に1万mで28分29秒を誇る山藤という組み合わせ。大塚、鈴木祐はともに最終組を走ってもおかしくは無いですが、神奈川にはこのダブルエースが君臨していますからね。鈴木健の実績はもはや語るまでもなく、箱根2区区間賞、関東インカレ1万mも日本人トップの4位です。今回も日本人トップ候補の筆頭かなあ。

 

山藤も関東インカレ1万mで7位入賞、箱根予選以降はずっと好走を続けており、鈴木健に次いで計算出来る選手となっています。しかし、前回ラスト1周でフラフラになってしまい、まさかの途中棄権になってしまったのもまた事実。その悔しさを払拭する快走を見せて欲しいですね。

 

エントリーを見れば見るほど、死角は無いですね。1~4組までずっとトップを維持したままのトップ通過となってもおかしくないほどの戦力を有しています。前回のようなアクシデントが無い限りは予選通過は揺るぎなく、トップ通過出来るかどうかの方が焦点になりそうですからね。

 

全日本予選突破となれば、今年度は箱根予選もないですから、万全の状態で全日本に臨めますし、そうなれば6枠しかないシード獲得も期待されるほどですからね。充実の時を迎えるなか、ここでつまずくわけにはいかないですし、まずはきっちりと予選通過を果たし、その中でもやはり今年度の神大は強い!というインパクトを与えるような走りを見せて欲しいです!!


PAGE TOP