関東インカレ2017 エントリー考察(青学、東農、専修)

いよいよ今週の木曜から始まる関東インカレのエントリーについて引き続き考察していきます。詳細は公式エントリーを参照してください。今日は、2部に属する青山学院大学、東京農業大学、専修大学の3校を取り上げます。

 

青山学院大学

1500m(中村祐④、吉田圭①、生方②)

資格タイムは3分51秒の中村祐、3分50秒の吉田圭、3分51秒の生方ということで、3分50秒を切る選手はいないんですよね。ただ、前回は2,5,7位、前々回は2,3,4位と2年連続でトリプル入賞を果たしている得意種目、3年連続のトリプル入賞なるか注目です。前回は中村友が入賞していますが、兄の中村祐も続きたいところ。吉田もルーキーながら5千で13分50秒のスピードの持ち主、生方も今年5千でベストをマークと力のある選手が揃います。

 

5000m(小野田③、鈴木②、神林①)

13分台ランナーを3人揃えてきた青学ですが、中でも13分台連発で13分46秒のベストを持つ小野田に注目ですね。上位入賞も期待される選手です。前回の実績では3位に入った鈴木が2年連続の表彰台を狙います。前回の走りはびっくりしましたが、その後の活躍を見ればある意味順当だったのか。。。ルーキーの神林が早速5千に抜擢、1年目からどんな走りを見せてくれるか。

 

1万m(橋詰③、橋間③、森田③)

28分台が1人もいないという意外なエントリーでしたが、29分2秒の橋詰、8秒の橋間、9秒の森田と今年度ベストを出している3年生トリオがそのままエントリーと言う形になりました。中でも最も勢いがあるのは橋詰ですね。5千、1万mでベスト連発、一気に今年度主力となりうる力を秘めています。勝負レースでの実績では、箱根4区2位で走る森田が抜けており、勝負レースでの強さに期待。橋間も一気にタイムを伸ばしてきており、勢いのある3人がどれだけ戦えるか?

 

ハーフ(下田④、林③、山田③)

下田が優勝候補の1人として名を連ねてくることになるか。箱根後は故障などもありましたが、ここにきて戻ってきているようですし、万全ならば面白そうです。4年連続の青学勢優勝を狙うことに。林は63分45秒、山田は63分46秒のベストを持つ3年生。まだ3大駅伝の出場経験はありませんが、層の厚い青学においてハーフメンバーに選ばれるくらいですからね。入賞も期待したいところ。

 

3000m障害(上村②)

上村が唯一のエントリーとなりました。ただ、資格タイムは9分17秒となっており、タイム上は決勝進出は厳しそうですが、果たして・・・?

 

東京農業大学

1500m(竹内①、関④、茂木④)

資格タイムは3分52秒の竹内、3分51秒の茂木、3分54秒の関とフルエントリー。関、茂木は前回も出場していますがいずれも予選落ち、最後の関カレで結晶進出を果たせるか?竹内はインターハイには出場出来ていませんが、ベストは上々ですからね。まずは関・茂木同様に決勝進出を目指したいところ。

 

5000m(小山③、瀬戸口③、高田②)

13分55秒のベストを持つエースの小山、1年時は5千で5位入賞、前回は1万mで10位に入っています。2年ぶりの入賞を果たしたいところ。瀬戸口は14分11秒、高田は14分22秒のベスト、これまでの実績からすると、入賞争いは厳しいでしょうが、主力になって欲しい2人なだけに、まずはしっかりと自分の走りをしてくれれば。

 

1万m(小山③、高田②)

小山、高田が5千に続いてダブルエントリーですね。小山は1万mも29分9秒とチームトップタイムを誇ります。持ちタイム以上に勝負レースでの安定した強さが魅力ですよね。まずはトラックシーズンからエースとしてチームを引っ張って欲しいところ。高田は29分50秒のベスト、ダブルエントリーされるということはそれだけ期待されているわけですし、小山に続く選手へと成長してくれることを期待。

 

ハーフ(高良④、鈴木③、田中③)

最も苦戦を強いられそうなのはハーフかもしれません。最も持ちタイム通いのは高良の65分40秒、66分台に田中、鈴木という状況かなあ…さすがに、このエントリーは厳しすぎますね。前回は24位が最も良かった順位ですから、まずはそこを超えたいところか。。。

 

3000m障害(森③、茂木④、村田②)

9分6秒の茂木、9分15秒の森、9分17秒の村田という資格タイムですね。前回決勝まで進出した茂木に期待ですかね。残念ながら途中棄権となってしまいましたが、まずは2年連続の決勝進出を狙いたいところ。森は前回も出場して予選落ち、村田もベストを考えるとちょっと厳しそうかな。

 

専修大学

1500m(横山②)

3分54秒の資格タイムを持つ横山が唯一のエントリー、昨年度は5千で14分19秒を出すなどタイムを一気に縮めてきた選手、勝負レースでどこまで戦えるか注目です。

 

5000m(宮尾④、小林②、長谷川②)

やはり、いきなり14分4秒を叩き出した長谷川がどこまで戦えるかですね。関東インカレでも結果を残すようだと、一気にエースとしての期待が高まります。宮尾はベストが14分14秒で勝負レースへの出場経験も豊富、4年生の意地に期待。小林もベストは14分25秒ですが、今年度1万mで29分台のベストを出しています。少しでも食らいついていきたいところ。

 

1万m(岩田④、宮下②)

岩田は1年の箱根予選出場以降、目立った走りが無かったですが、29分17秒とチーム2番手のタイムをマークしてきました。宮下も同じ記録会で29分40秒をマーク。入賞争いとなるとともに厳しいでしょうが、まずは自分の力を発揮してくれれば。

 

ハーフ(伊藤④、櫻木④、塚原②)

ハーフベストは65分24秒の、65分52秒の櫻木、67分15秒の塚原という3人かなあ。タイムを見る限りは厳しい戦いになりそうです。伊藤、櫻木は今年度1万mでベストを出していますし、櫻木は29分51秒で8番手に入ってきました。ともに4年生の意地に期待。塚原は2年で唯一の箱根予選出場者ですからね。その経験を活かしてくれれば。


PAGE TOP