関東インカレ2017 エントリー考察(神大、中学大、東国大)

関東インカレのエントリー、2部について考察していきます。詳細は公式エントリーを参照してください。今日は神奈川大学、中央学院大学、東京国際大学の3校を取り上げます。2部は1500m予選が4組2着+4、3000m障害予選で2組5着+2が決勝進出となります。1500mはなかなかに狭き門ですね。

 

神奈川大学

1500m(森②、越川②)

資格タイムが3分56秒の森、3分52秒の越川の二人がエントリーされていますね。越川は1年時から箱根予選・箱根ともに出場していますし、今年度も5千でベストを更新していますからね。3分40秒台が複数いる中でどこまで戦えるか楽しみです。森はさすがに予選突破は厳しそうかなあ。

 

5000m(鈴木祐④、越川②、成瀬①)

ベストが14分10秒の越川、14分11秒の鈴木祐、14分15秒の成瀬の3人がエントリーされていますね。越川は1500mに続いてダブルエントリーですね。鈴木祐は1万mで28分台ランナー&箱根6区4位の好走、最も期待出来る選手かも。成瀬は高3時はあまり目立った走りは出来ていなかった気がするのですが…抜擢されただけに楽しみです。

 

1万m(鈴木健④、山藤③)

神奈川の誇るダブルエースが1万mにエントリーされましたね。その中でも前回3位表彰台、もはや日本人No.1大学生と呼ばれる鈴木健が4人エントリーされている留学生相手にどこまで戦えるかですねえ。鈴木健ならば表彰台はもちろん、優勝争いもして欲しいところですが…山藤も昨年度の箱根予選以降は高いレベルで安定し、1万mは鈴木健を上回る28分29秒のベストですからね。ダブル入賞も期待されます。

 

ハーフ(大塚④、大野④)

大塚、大野という世界クロカンにも出場した4年生コンビがエントリーされましたね。1万mもハーフも2人しかエントリーしないのが意外ですね。神奈川大の持ちタイムからすれば選びたい放題のはずですが…ハーフ63分12秒、箱根8区2位とハーフで実績豊富な大塚、ハーフ63分台で箱根5区に出場した大野というともに実力者、どちらかは入賞したいところですかねえ。

 

3000m障害(荻野②)

前回覇者である荻野が順当にエントリーされました。資格タイムで8分55秒切りが他にいない中、8分44秒というダントツの持ちタイム、日本選手権で入賞する実績、ダントツの優勝候補と言っていいでしょう。ちょっと荻野が負けるところは想像出来ないほどですね。

 

中央学院大学

1500m(篠原崇③、横川②、篠原大③)

中心となるのは、3分46秒のベストを持ち、日本選手権にも出場している横川ですね。そのスピードは素晴らしく、入賞だけではなく、表彰台も期待される選手の1人です。資格タイムが3分54秒の篠原崇、3分53秒の篠原大の二人は決勝進出もタイム上厳しそうかなあ。。。

 

5000m(新井④、廣③、高砂②)

今年度13分57秒をマークした新井、14分3秒を出した廣と今年度結果を残している二人に加えて、14分3秒のベストを持ち、エースとして活躍が期待される高砂と実力者が揃っていますね。新井は前回10位に入っていますし、入賞を狙いたいところですね。高砂もエースとして、トラックで結果を残したいところ。

 

1万m(大森④、光武③、高砂②)

前回6位入賞を果たしている大森が2年連続の入賞候補ですね。高砂も1万m28分台野ベストに勝負レースでの実績も豊富ですし、ダブルエースでダブル入賞といきたいところ。光武のエントリーはちょっと意外でしたが、1万mで29分20秒のベストを今年度マークしている選手、勢いそのままに活躍してほしいですね。楽しみな選手が揃いました。

 

ハーフ(大森④、細谷④、市山③)

前回2位と表彰台に上っている大森は優勝候補の1人ですね。前回のダブル入賞は素晴らしかったですし、その再現を期待。細谷がトラックシーズンで元気なのはなかなか無いこと…1万mで今年度既にベストを出していますし、箱根5区3位の実力者、こちらも入賞が期待されますね。市山はハーフで63分31秒のベストを出し、こちらも今年度1万mでベストをマーク、ハーフに強い選手が揃いました。

 

3000m障害(杉谷③、藤井②、高橋①)

3人エントリーされた中で、最も資格タイムが良いのは9分5秒を持つルーキーの高橋、インターハイ決勝では失格となってしまいましたが、まずは決勝進出を狙いたいところですね。他には9分13秒の杉谷、9分15秒の藤井がエントリーされていますが、こちらは決勝進出はさすがに難しいかなあ。。。

 

東京国際大学

1500m(前川①、大澤①、中島①)

ルーキー3人がエントリーされてきましたね。3分49秒のベストを持つ前川、3分52秒の大澤、3分54秒の中島となっています。前川は持ちタイムも魅力ですが、インターハイで3位に入っているのがこれまた頼もしい。ルーキーながら即入賞も期待されますね。大澤、中島の二人もあわよくば決勝進出を狙いたいところ。

 

5000m(伊藤②、佐藤②、タイタス②)

5000mは2年生トリオがエントリーされました。13分46秒のベストを持つタイタスは箱根予選で途中棄権となって以降は目立った走りは見せられていませんが、コンディションが気になりますね。むしろ、最も期待出来るのは14分4秒のベストを今年度出し、1万mも28分台で走っている伊藤かな。日本人エースとなってくれれば心強いです。佐藤は14分17秒というベストやこれまでの実績からするとさすがに厳しそう…

 

1万m(鈴木博④、伊藤②、佐伯①)

伊藤が5千に続いてダブルエントリーですね。今年度28分51秒を叩き出しているスピードを勝負レースでも見せられれば面白いのですが。鈴木博は29分27秒のベスト、勝負レースでは安定していますが、ここで入賞はさすがに厳しそうかなあ。3人目はルーキーの佐伯でしたね。これはびっくりです。30分台のベストですし、まずは大舞台を経験してくれれば。

 

ハーフ(上村④、浦馬場③、菅原②)

3大駅伝経験者どころかエントリーされて選手もいないというちょっと意外なエントリーでしたね。そんな中でも1万mで29分37秒を持つ上村に期待かなあ・・・?資格タイムも浦馬場が30分18秒、菅原が66分10秒ということで、さすがに入賞争いに絡むことも難しそうです。

 

3000m障害(鈴木正②、鈴木天①、熊谷①)

資格タイムが9分14秒の熊谷、9分10秒の鈴木天、9分9秒の鈴木正と長距離5部門全てでフルエントリーですね。新入生が30人加わったこともあって、1年生が多く起用されていますね。鈴木天はインターハイにも出場しています。持ちタイム上は3人とも厳しそうですが、何とか1人は決勝進出を果たしたいところですね。


PAGE TOP