関東インカレ2017 エントリー考察(法政、早稲田、日体)

関東インカレのエントリーについて考察していきます。詳細は公式エントリーを参照してください。今日は、1部に属する法政大学、早稲田大学、日本体育大学の3校を取り上げます。

 

法政大学

1500m(増田蒼②、糟谷①)

資格タイムが3分51秒の増田蒼、3分53秒の糟谷という2人がエントリー。増田蒼はまだ目立った実績は無いだけに、まずは決勝進出が現実的な目標かなあ。糟谷はインターハイで予選でも下位に沈んでいたことを考えると、決勝進出はさすがに厳しいかな。。。

 

5000m(坂東③、福田③)

何といっても、13分49秒を持つエースの坂東ですよね。先月このタイムをマークしているというのも期待値を高めます。今回は入賞争いに加わるだけではなく、是非ともポイントを獲得して欲しいところ。福田は3大駅伝エントリーは無くともハーフで63分台を出してきた選手、一方で短い距離も得意な印象がありましたが、5千はちょっと意外でした。2人しか出られない中で選ばれた選手ですから、どこまで戦えるか楽しみ。

 

1万m(狩野③、坂東③、佐藤②)

坂東が5千に続いてのダブルエントリー、5千ほどではないですが、1万mも28分48秒というベストを持っていますからね。今の勢いはダブル入賞さえも狙えるのでは?エースらしい走りを見せてくれれば。

 

個人的に期待なのは佐藤、箱根以降の活躍は坂東に引けを取りません。1万mは29分28秒ですが、持ちタイム以上の力はあるでしょうし、どこまで食らいつけるか?狩野は29分35秒のベストを持つも3大駅伝・予選会はエントリーも無しでちょっと意外でした。まずはトラックで存在感を見せたいですね。

 

ハーフ(鈴木③、土井③、東福③)

3人とも3年生がエントリーされてきましたね。やはり期待は箱根4区9位で走っている土井、10区5位の東福の二人ですかね。土井は持ちタイム先行という印象でしたが、力を付けてきました。東福は逆に持ちタイム以上の結果で、タイムがようやく追いついてきた感じ。箱根のような走りを関東インカレでも見せてくれれば。鈴木はまだ3大駅伝は未出場ということで、ハーフも64分29秒となるとちょっと厳しそうかな。

 

3000m障害(青木②、田辺①、阿部③)

前回も6位入賞を果たしており、8分51秒の資格タイムを持つ青木が中心選手ですね。前回、ルーキーながら入賞したのはお見事でした。その後、箱根で8区9位で走るなどロードでも実績を残し、前回以上の成績での連続入賞も期待されます。

 

資格タイムが9分1秒の田辺はインターハイで4位の選手で今年度も上々の走り、何とか決勝進出を狙いたいところですね。9分4秒の阿部は箱根予選では上々の走りも3000m障害では最近あまり奮わないような…青木に負けずに原意な姿を見せて欲しいですね。

 

早稲田大学

1500m(谷口④)

1人だけのエントリーとなった1500m,3分51秒を持つ谷口のみですね。ハーフで 65分1秒まで縮めてきた谷口ですが、これまでの実績からすると決勝進出が現実的な目標となりそう。

 

5000m(光延④、新迫②、宍倉①)

前回8位入賞を果たしている光延、全カレで4位入賞を果たしている新迫と昨年度トラックの勝負レースで結果を残している二人は、今回も期待したい選手ですね。駅伝でも主力として期待される選手ですし、まずはトラックから結果を残していってくれれば。14分4秒を持つルーキーの宍倉もエントリーされました。まだ入賞争いは厳しそうな気がしますが、まずは大舞台で経験を積んでくれれば。

 

1万m(藤原④、安井④、太田②)

29分3秒のベストを持つ藤原、29分7秒の安井に29分27秒の太田と主力がきっちりとエントリーされている印象です。藤原、安井は日体大で前の組で走っていたのでまだ万全では無いかと思ってましたが、関東インカレにエントリーされるのですから、心配無さそうです。太田も1万mで安定はしているものの、タイムはもう一歩…ちょっと5千に比べると入賞の可能性は低そうな気もしますが…これまでの豊富な実績を活かしてくれれば。

 

ハーフ(石田④、安井④、清水③)

今年1万mでベストを更新し、箱根にも出場した石田、清水の二人がエントリー、清水はハーフも63分8秒をもっていますし、勢いのある二人にまずは期待ですね。安井は1万mとダブルエントリー、62分55秒と3人の中で最もベストは良いですし、長い距離も強いですからね。前回は10位以内に3人が入っており、石田がその10位で走っています。今回も複数入賞を狙いたいところ。

 

3000m障害(大木②、渕田①、吉田①)

最も期待出来るのは3000m障害かもしれません。前回5位入賞を果たし、8分51秒を持つ大木にインターハイでは3位に入り、同じく8分51秒を持つ吉田も実力者。吉田は勝負レースでの実績も豊富で大学に入ってベストを出しているのも好材料ですね。ダブル入賞も十分に狙えそう。渕田は9分8秒というベストと東京六大学の走りを見ても決勝進出は厳しそうかな。。。

 

日本体育大学

1500m(酒匂)

酒匂が唯一のエントリー、3分51秒という資格タイムですね。ただ、前回の関東インカレでは4分オーバーで下位に沈んでいることを考えると、決勝進出もちょっと厳しめかなあ。

 

5000m(冨安④、吉田④、中川②)

14分4秒のベストを持つ吉田に14分7秒の中川、14分9秒の冨安といずれも14分台のエントリーでしたね。13分台が3人いるのにいずれもエントリーされないのはちょっと意外。ただ、吉田は前回も6位に入っている実力者、冨安も全カレ1万mで入賞していますし、中川も昨年は大きく伸びてきた選手で1万mは28分台ですからね。力のある3人が順当にエントリーされたとも言えそうです。

 

1万m(城越④、冨安④、中川②)

冨安、中川は5千に続いて1万mにもエントリーされていますねえ。28分49秒の冨安、53秒の城越、59秒の中川と28分台ランナー3人がエントリーされてきました。中川はまだ勝負レースでの実績に乏しいだけに、2種目エントリーの期待に応えたいところ。城越はロードでの実績はチームでも上位、トラックも期待ですね。冨安も駅伝では主要区間を任され続ける選手。楽しみな選手が揃っています。

 

ハーフ(城越④、住田④、廻谷②)

箱根7区2位で走っている城越に入賞の期待が高まりますね。勝負レースで結果を残している選手はやはり関東インカレでも強いことが多いので…他の二人は3大駅伝未経験で64分40秒の廻谷、64分43秒の住田とちょっと意外なエントリーですね。5千や1万mを見ても小町、辻野、宮崎、室伏あたりが未エントリーというのは何かしら事情があるのか…それはさておき、メンバーに選ばれた限りは期待されているということですし、その期待に応える走りを見せて欲しいです!

 

3000m障害(小松力②、山口②、白永真④)

資格タイムが8分58秒の白永真、9分ジャストの山口、9分1秒の小松力とずば抜けたタイムを持つ選手はいませんが、9分前後に固まっています。白永は前回入賞まで後一歩の9位でしたからね。最終学年での入賞に期待。小松は前回は9分30秒オーバーで予選落ちと苦しい走りでしたが、1年経って成長した姿を見せてくれれば。山口は今年度、5千で14分9秒をマークするなど好調ですからね。関東インカレにも繋げてくれれば面白そうです。


PAGE TOP