関東インカレ2017 エントリー考察(日大、国士舘、中央)

待ちに待っていた関東インカレのエントリーが昨日発表されました。公式エントリーを参照してください。本日より、3大学ずつ大学ごとに長距離種目のエントリーを見ていきます。まずは1部の日本大学、国士舘、中央について・・・

 

日本大学

1500m(金子②、西村②)

2年生2人のエントリーとなりました。金子は3分54秒の資格記録とこれまでの勝負レースの実績を見ても予選突破は厳しそうかなあ。西村は3分49秒のタイムと短い距離では実績もありますからねえ。それでも、予選突破がギリギリどうかというところでしょうか。

 

5000m(野田①、ワンブィ③、石井④)

ルーキーの野田は期待の選手ですが持ちタイムは出場選手中ワーストの14分21秒、石井は14分2秒のベストですが勝負レースでの実績は乏しく、ともに入賞を狙うのは厳しそう。やはり、ここは13分27秒とトップタイムを誇るワンブィが優勝するかどうかですね。留学生も他にいませんし、きっちりと勝ちきりたいところ。

 

1万m(ワンブィ③、高野④、岡野④)

こちらもワンブィが順当にエントリーされ、2冠候補の1人です。こちらはギトンガとニャイロも合わせて留学生が3人エントリー。順当ならばニャイロとの優勝争いか?ここ最近調子を上げてきている高野、入賞は厳しいでしょうがどこまで戦えるか注目。岡野は29分20秒のベスト、勝負レースで少しでも結果を残してくれれば。

 

ハーフ(小坂②、川口④、武田①)

期待のルーキーとはいえ、いきなりハーフでの起用はびっくりです。さすがにコンディションの厳しい関東インカレハーフは荷が重すぎるのでは…小坂もハーフベストを伸ばしてきたとはいえ、65分22秒では入賞争いは厳しそう…ここは勝負レースで実績のある川口がどこまで戦えるかですねー。ハーフもレベルが高く、入賞も容易では無さそうですが…

 

3000m障害(川上①)

8分55秒とルーキーでもトップクラスのタイムを持つ川上が唯一のエントリー、勝負レースでの実績もありますし、持ちタイム上は厳しいですが、何とか決勝を目指して欲しいところです。

 

国士舘大学

1500m(川崎④、高田③、石川③)

川崎が3分50秒、高田が3分49秒、石川が3分52秒ということで決してタイムは悪くないのですが…各組3分50秒切りの資格タイムを持つ選手が5人以上揃う中、3着+3しか決勝に行けませんからねえ。1人決勝に行ければというところですかねえ。

 

5000m(戸澤③)

5000mのエントリーが1人しかいないとは寂しい…戸澤は今年度14分17秒を2度マークしていて、いい感じでトラックシーズンに入ってきているんですよね。持ちタイム上は苦戦が予想されますが、少しでも上の順位を目指して欲しいところ。

 

1万m(住吉③、八巻④、ギトンガ①)

エースの住吉が順当にエントリー、出来れば入賞争いに加わって欲しいところですが、果たして。八巻もベストは29分15秒とまずまず、主力の1人として意地を見せてくれれば。ギトンガは資格タイムこそ29分49秒ですが、期待の留学生としてどこまで走れるか気になりますね。ここで一気にタイムを縮めて入賞も狙って欲しいです。

 

ハーフ(住吉③、藤江③、辻田④)

住吉が1万mにつづいてのエントリー、入賞を狙うのであれば1万mよりもハーフの方が可能性はありそうですかねえ?ただ、1万mの3日後にハーフというのも大変だとは思いますが…藤江はハーフ64分2秒で箱根5区も走った選手、何とか食らいついて欲しいですね。辻田はハーフ65分39秒というのを考えると、ちょっと厳しそうかなあ。

 

3000m障害(多喜端③、工藤③、鈴木①)

多喜端、工藤とともに8分台を持つ3年生が1組にエントリー。8分40秒台を持つ選手は1組に1人しかいませんし、ここはどちらか一人は決勝まで進むことを期待したいですねー。2組の鈴木はルーキーながら9分2秒のベスト、決勝進出は厳しいでしょうが、まずは勝負レースで経験を積んでくれれば。

 

中央大学

1500m(冨原②、田母神②、眞田①)

スピードのある選手が揃う中央の1500m,やはりベストが3分42秒の田母神に期待せずにはいられませんね。万全の状態で臨めれば、入賞どころか表彰台も期待でいる選手です。冨原も3分47秒と上々のタイム、こちらも入賞争いが期待されるところ。眞田は新入生ながら、既に3分49秒までベストを縮めていますからね。まずは決勝を目指したいところ。

 

5000m(竹内④、舟津②、堀尾③)

2,3,4年生が1人ずつと各学年のエースが順当にエントリーされました。13分50秒の舟津、54秒の堀尾、56秒の竹内と5千の持ちタイムトップ3が揃い、ベストメンバーですね。中央復活を果たすためにも、まずは関東インカレから入賞に絡むなど結果を残していきたいところ。特に竹内がここまで最も安定していますかね。

 

1万m(二井②、竹内④、池田①)

28分台を持つ二井にエース格の竹内のエントリーは妥当として、3人目は先日1万mで29分37秒をマークしたルーキーの池田を抜擢してきましたね。いきなりの大舞台でどこまで戦えるか楽しみ。竹内は5千同様に1万mでも安定しており、こちらは入賞争いに絡んでいって欲しいところ。ベストが最も良い二井は最近のレースでは奮わず、ちょっと厳しそうかな。

 

ハーフ(苗村③、江連④、蛭田④)

上級生がエントリーされる中、64分34秒を持つ苗村が最も期待出来そうかなあ。それでも、勝負レースでの実績はまだ乏しいですが…江連、蛭田の4年生コンビはハーフベストも65分台、勝負レースでの走りを考えても苗村よりもさらに厳しそう…長距離種目では最も苦戦しそうな気が。。。

 

3000m障害(神崎③、萩原①)

神崎の資格タイムは9分6秒ということを考えると、決勝進出も現実的には厳しいかなあ。となると、やはり期待は高校時代の実績も豊富で8分59秒のベストを持つ萩原がどこまで戦えるかですかねえ。まずは決勝進出を目指して思い切って走ってくれれば。


PAGE TOP