トラックシーズン開幕!! ~2017年4月振り返り その2~

なかなか関東インカレのエントリーが発表されないなあと思いつつ、ここまでのトラックシーズン、5千、1万mで自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。続いては、箱根で9~16位だった大学について・・・

 

駒澤大学

5千では物江が13分54秒とチーム3番手までタイムを縮めることに。走るたびにベストを更新し、既に1分以上高校ベストを更新しています。主力の1人として期待される片西も14分ジャストと13分台まで後一歩、3年生の好走が目立ちますね。

 

1年生も若林が14分17秒、神戸が14分27秒、市澤が14分40秒と既に3人がベストを更新と早速元気な姿を見せています。その一方で1万mとなると、大聖が29分53秒 でベストを出したくらい…何人か主力が走っているもののベストどころかセカンドベストにも届かず、ちょっと奮いませんでした。

 

東海大学

1500mでは館澤や塩澤など何人もの選手がベストを出していたものの、5千mとなると既に持ちタイムが全大学中トップクラスということもあって、ベストを出したのは松尾が14分5秒で走ったくらいですかねえ。  松尾は5千、1万ともにセカンドベストを出していますし、トラック好調ですね。

 

帝京大学

トラックシーズン、最もここまでベストを出している大学の1つが帝京です。1万mで29分17秒を出した畔上を筆頭に19秒の岩佐、27秒の佐藤、32秒の横井、小野寺、36秒の島貫と好タイム連発でした。島貫は5千で既にベストを2度更新、14分12秒までベストを縮めています。

 

さらに、ルーキーの星もベストを2度更新して14分14秒ですからねえ。帝京は学年バランスよくベストを出しているのが良いですね。4年の佐藤、井田、3年の畔上、横井、2年の岩佐、島貫、1年の小野寺、星と4学年とも複数人がベストを出しています。これだけ好調だと、関東インカレ、全日本予選が楽しみになりますね。

 

創価大学

エースのムイルが28分19秒と好タイムを叩き出しました。走力にようやく持ちタイムが追いついてきたという感じですね。ただ、他には三澤が14分30秒でベストを出したくらい…あまり記録会自体出ていませんでしたかね…?ちょっと寂しいここまでのトラックシーズンとなっています。

 

大東文化大学

5千では新井が13分56秒と2度目の13分台を叩き出し、奈良も14分5秒でベスト更新と主力が5千できっちりと結果を残してきました。1万mでは林が29分28秒で走っていますね。ベストはそのくらいですが、他にも齋藤が5千、川澄が1万mでセカンドベストは出していますし、まずまずといったところかなあ。

 

拓殖大学

何といっても西が5千で14分12秒、1万mでは28分47秒を叩き出したのが光りますね。1年時に活躍、2年は姿を見せず…3年以降は1年を遥かに上回る活躍を見せてエースの1人です。  他にも戸部が29分34秒、土師が29分38秒と1万mで主力がベストを更新してきました。他には楠本が30分28秒、鈴見が32秒でベストを出しています。

 

上武大学

短い距離に強い熊倉が14分9秒と5千で好タイムを出してきましたね。大森は5千で14分40秒、1万mで29分41秒、岡山は5千で14分24秒、1万mで30分9秒と二人がダブルでベストを叩き出しています。1万mは他に関稜汰が30分2秒、石井が30分28秒と多くの選手がベストで走っていますね。上々の滑り出しなのでは?

 

國學院大学

やはり、5千で14分4秒、1万mで28分59秒を叩き出し、エースとして期待される向の快走が光ります。。高校での実績からエース候補と言われ続けたものの、故障などもあってもう一歩という結果が続いてきましたが、今年度はやってくれそうですね!2年時はやや停滞していた江島も5千で14分12秒、1万mで29分16秒のベストと揃ってタイムを縮め、期待が高まります。

 

5千ではそんな二人を上回る13分59秒を叩き出したのが浦野、ベストを37秒も縮める走りは驚異的、5千では既にチームトップですからね。勝負レースでも好走してくれれば。5千では他に芹澤が14分27秒、1万では松永が29分37秒のベストを出しており、トラックシーズンここまでは好調です。


PAGE TOP