関東インカレ2017展望 ~5000m~

最後は関東インカレにおける5000mについて、1部、2部それぞれの展望を述べていきます。5000mと言えば長距離の花形種目ですが、日程の関係上、1万mとハーフ、5000mと1万mにエース級が出場するため、分散されてしまい、1万mほど選手が揃わないことも…明日には関東インカレのエントリーが締め切られますね。前年度は5000m1部結果5000m2部結果インターハイ5000m結果のようになっています。

 

~5000m(1部)~

前回の覇者である日大のワンブィに連覇の期待が高まります。今回も5千と1万の両方に出場する可能性が高いですし、2冠を達成してもおかしくないだけの走力を有しています。5千のベスト13分27秒もトップタイムですからね。優勝候補筆頭です。

 

ワンブィに挑む日本人選手筆頭は、出場すればですが、順大の塩尻ですかね。3000m障害に出場するのであれば、5000mは欠場する可能性が高いですが、先月13分33秒とワンブィに次ぐベストを直近で叩き出しているのが好材料です。

 

前回の実績では、5位に明治の阿部、6位に日体大の吉田、7位に城西の中島、8位に早稲田の光延と下位入賞勢が今年度も在学です。ここ最近の走りでは城西の中島がベストを更新するなど好調ですね。2年連続の入賞も期待されます。他の選手はまだトラックシーズンは目立った走りは出来ていないかなあ?いずれも5千に連続出場が期待される選手なだけに勝負レースでの実績に期待。

 

持ちタイムでは、ここでもやはり東海勢が抜けています。13分40秒台が關、鬼塚、館澤、川端と4人いるのが脅威ですよね。前回11位だった松尾もいますし、誰が出場したとしても入賞してもおかしくないだけの選手が揃っています。他に13分40秒台のベストを持つ選手では、復活が期待される13分45秒の坂口(明治)、13分47秒の新迫(早稲田)、13分49秒のベストを直近で出している坂東(法政)らがいます。

 

坂口は14分1桁を安定して出せるまでに回復してきましたし、またトラックでその強さを見せつけて欲しいです。新迫は日本インカレで4位に入っている実力者、関東インカレでも活躍が期待されますね。坂東は今月ベストを叩き出している選手、前回も10位で走っていますし、入賞も期待されますね。

 

新入生では、やはり既に大学で13分51秒とベストを更新している東洋の西山に期待が高まりますよね―。インターハイでは10位と入賞出来ていませんが、都大路以降の安定感は抜群ですからね。いきなりの入賞も期待したいですねー。東洋は他にも13分54秒を持ち、インターハイ8位の大森がいますし、出場すれば楽しみ。

 

東海のルーキーもインターハイで7位、13分58秒を持つ塩澤、インターハイは13位でしたが、駅伝シーズンの活躍はNo.1、13分52秒を持つ名取らがいます。ただ、出場出来るのはわずかに3人、全大学を見渡しても最も激戦区なのが東海の5000mなのかも…13分台でも、高校トップクラスだったランナーでも出場するのも容易ではないです。

 

~5000m(2部)~

基本的には1万mと同様の争いになりますかね。留学生では前回2位に入った創価のムイル、5位に入った拓殖のデレセがいます。東国大では13分46秒のタイタス、13分50秒のスタンレイがいますからねえ。5千とハーフのどちらに留学生が出場するかでレースは大きく変わってきそうですが、それでも有力留学生が複数出場してくることでしょう。

 

前回の実績ではルーキーながら3位に入った鈴木の走りが素晴らしかったですね。今年度のトラックシーズンでも既に好走していますし、2年連続の表彰台も期待したいです。4位に入った田村和もトラックシーズンは好走、暑さが気になるところですが、そのスピードはトップクラスですね。箱根出場校以外では亜細亜大の加藤が7位に入ったのが光りました。箱根復帰を狙う亜細亜のエースとしてトラックから活躍してくれれば。

 

持ちタイムで上位に来るのもやはり青学勢、前述の鈴木、田村和以外にも13分40秒台に小野田、橋詰、吉永と3人揃い、13分台が10人以上という選手層ですからね。1部で最も熾烈な出場争いが東海ならば、2部は青学ということになるでしょう。前回は1,3,4位と上位独占でしたが、続けてのトリプル入賞も十分期待出来そうです。

 

神奈川の鈴木健は1万mに絞るようなので…もう一人のエースである山藤に期待かなあ。駒澤勢ではエースの工藤の他、5千のベストを一気に伸ばしてきた物江が出場するのであればどこまで戦えるのが楽しみです。前回も出場している中央学院の高砂、横川も特に駅伝シーズンの活躍は素晴らしく、入賞も期待される選手たちです。

 

新入生では、インターハイ4位、13分59秒のベストを持つ神林(青学)、13分50秒とルーキートップタイムを誇る吉田(青学)、インターハイ6位、13分59秒のベストを持つ加藤(駒澤)あたりに注目ですかねえ。ただ、青学の出場争いは大激戦、駒澤も新入生が5000mを走ることは多いですが、即好走している印象はあまり無いような…ルーキーが即入賞というのは2部では難しそうかなあ。。。


PAGE TOP