国士舘大学 【2017年度 戦力分析】 次は勝負する箱根に向けて~

続いては、国士舘大学について、新年度の戦力を見ていきます。前年度は全日本予選、箱根予選ともに9位通過、久しぶりに3大駅伝において2大会出場を果たしました。ここ2年は3大駅伝出場は果たせていなかっただけに、その走りが光りました。ただ、本戦では全日本が関東勢でブービー、箱根ではダントツの最下位と苦しい結果に終わりました。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。

 

 

4年生・・・箱根予選経験者は5人かつ全員が前回の箱根予選に出場しています。となると、今年度も大いに期待したいところですが、5人がいずれもチーム8~12番手と下位を独占しているのがやはり気になるところ。。。そんな中でも中心として期待されるのは、箱根予選に3度出場、箱根にも出場した八巻や本多でしょうか。八巻は1万mで29分15秒のベストを持っています。

 

三田はさらに上回る29分7秒のベスト、全日本にも出場していますね。ただ、4年は延べ4度3大駅伝に出場していますが、いずれも区間15位以下に留まっており、やはり勝負レースでの実績に乏しいのが気になりますね。他には1万mで29分41秒を持つ辻田、48秒を持つ守屋がともに箱根予選に出場しています。1万mに比べるとハーフで最も良いのは64分49秒に留まり、勝負レース同様、長い距離でも結果を残していきたいところ。

 

3年生・・・チームの中心学年はこの3年生になります。前回の箱根予選ではトップ2を含む前回上位7人のうち4人が3年生、残り3人は既に卒業しています。そんな中でもエースとして活躍が期待されるのが住吉、箱根予選では13位、1万m28分57秒、ハーフ62分53秒といずれもトップタイムを誇ります。持ちタイムでも勝負レースの実績でも抜けており、今の国士舘において最も計算出来る選手ですね。

 

続くのが戸澤、箱根予選でチーム2番手の40位で走り、全日本予選も3組18位と上々の結果です。5千で今年14分17秒と既にベストを更新しているのも心強いです。主要区間を担って欲しい選手ですね。藤江もハーフは64分2秒、箱根では5区を任されています。箱根予選では107位ともう一歩でしたが、やはり稼ぐ役割を期待したい選手です。

 

1万mベストで藤江を上回る29分26秒を持つのは多喜端、箱根予選でも89位で走り、箱根でも4区を任されています。この4人がこの学年だけではなくチームの中心となっていくことでしょう。他には高田、内山が箱根にエントリーされており、石川は5千で14分22秒のベストを持っています。既に選手が揃う学年ですが、さらに台頭してくる選手が出てきてくれれば。

 

2年生・・・3大駅伝に唯一出場しているのが福田、1万mでは30分6秒のベストを持っています。ただ、箱根6区では最下位…それも66分台という苦すぎる走りに。。。厳しい経験を今後に活かしてくれれば。続く選手となるとちょっとむずかしいですが…1万mで30分14秒を今年度出した大西や30分35秒で走った鼡田、ハーフ66分29秒の小室あたりがメンバー争いに絡んできてくれれば。

 

1年生・・・加藤が14分33秒とトップ10に入るベストを持っていますね。14分30秒切りが1人もおらず、14分40秒切りも加藤ただ1人というのも寂しいですね。ただ、既に千屋や金井、杉本が14分40秒台ですが自己ベストをマークしており、いいスタートを切っています。そして、何といっても留学生のギトンガが気になりますよね―。

 

国士舘の留学生、少なくとも私はこの20年記憶に無いですが・・・まだチームに合流したばかりですが、5千で14分37秒、1万mで29分42秒で走っており、1万mはトップ10に入ってきました。まだまだ、本領発揮をするのはこれからかと思いますが、どんなタイムを出すのか楽しみですね。1年目からエースとなって長い距離もしっかりと走ってくれれば、2年連続箱根出場に向けて、これ以上無い戦力となりそうです。


PAGE TOP