神奈川大学 【2017年度 戦力分析】 主力が最終学年、箱根5位のさらなる上へ~

続いては、神奈川大学について、新年度の戦力を見ていきます。前年度は全日本予選ではまさかの途中棄権、箱根予選でも5位ともう一歩でしたが、箱根では2区鈴木健の爆走で2区終了時ではトップ、その後もシード争いに巻き込まれることもなく、往路6位、総合5位と久しぶりのシード獲得となりました。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。

 

 

4年生・・・最も戦力が充実しているのが4年生、その中でも鈴木健はもはや日本人大学生でNo.1と呼ぶにふさわしい活躍を見せています。箱根予選日本人トップ、箱根2区区間賞、学生ハーフ優勝とまさに驚異的、留学生との対決が楽しみです。箱根では、5区14位の大野に、6区4位の鈴木祐、8区2位の大塚、9区9位の大川と主要区間、特殊区間経験者が揃います。

 

大野、大塚は世界クロカンにも出場するなど箱根後も活躍、鈴木祐は28分台ランナーですし、箱根予選も2年連続で好走しています。大川も2年連続で箱根1桁で走るなど前回の箱根経験者がこの学年、そしてチームの中心となっていくことでしょう。他にも、箱根予選経験者では西田、枝村がおり、浅利は2度全日本予選を走ってどちらも1桁順位で走っています。まさに質・量ともに揃う学年が最上級生、3大駅伝でどこまで上位にこれるか楽しみです。

 

3年生・・・エースの1人として期待されるのが山藤、箱根予選で10位、箱根では1区5位とその実績は鈴木健に次ぐ選手です。1万mのベストは28分29秒とチームトップ、エース区間も安心して任せられそうです。他に箱根経験者がいないのはちょっと寂しいですが…多和田は1年時に全日本に出場、1万mも29分27秒まで縮めています。

 

佐久間も1万mのベストは29分32秒、全日本予選、箱根予選ともに出場していますが、それぞれ1組35位、151位ともう一歩かなあ。。。もう一人の箱根予選経験者である徳川は337位に沈んでしまいました。長い距離では3大駅伝・予選会は未経験ですが、阿比留がハーフで64分30秒のベストを持っています。やはり、山藤に続く選手の台頭が待たれるところです。

 

2年生・・・高校時代から実績のある選手が揃うこの学年、中でも越川が箱根予選で63位、箱根でも3区15位で走っており、箱根はこの学年唯一の出場者です。もう一人の箱根予選経験者が安藤、チーム9番手の140位で走り、箱根にもエントリーされています。

 

3大駅伝・予選会のエントリーこそありませんが、荻野は関東インカレ2部3000m障害で優勝、日本選手権でも5位に入るなどトラックで大活躍しています。他にも1万mで29分16秒とこの学年トップタイムを誇り、箱根にもエントリーされた宗、5000mで14分18秒のベスト、ハーフも64分46秒まで縮めてきた安田もおり、4年生に次ぐ戦力となりそうです。

 

1年生・・・高校時代の実績が最も豊富なのは井手、都大路で1区10位、都道府県対抗で1区15位といずれもエース区間で結果を残しています。さらに、ハーフも高校で既に出場、66分11秒で走っています。4年制を筆頭に戦力が充実する神奈川大学ですが、その中に割って入っていくだけの力はありそうです。

 

5000mのベストでは井手を1秒上回る14分15秒を持つのが成瀬、ただ、都大路では7区14位→2区6位と1,3,4区の主要区間は走っていないため、実績では井手に劣ることに…大学に入ってどれだけロードで走れるかが大事になってきますね。他の選手は高校ベスト14分30秒オーバーとなりますが、都道府県対抗で4区5位で走っている北崎がロードでは良いですね。早い段階で戦力となってくるかも…


PAGE TOP