中央学院大学 【2017年度 戦力分析】 戦力充実、いよいよ優勝争いへ・・・

続いては、中央学院大学について、新年度の戦力を見ていきます。前年度はなかなかベストメンバーが組めない状況の中、出雲4位、全日本5位、箱根6位といずれも高いレベルで安定した走りを披露しました。しかも、走った4年生が村上と海老澤太だけだったことを考えると、今年度への期待はますます高まることに。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。

 

 

4年生・・・エースとして君臨するるのが大森、2年時から3大駅伝全てに出場&主要区間を担い続け、3年時は全て1ケタ順位で走っています。関東インカレ2部でもハーフで2位に入るなど勝負レースでの実績は抜群、今年度も何も心配はいらないでしょう。続くのは細谷と新井、細谷は故障が多いのが玉に瑕ですが、出場すれば箱根8区3位→5区3位と結果を残す選手、最終学年も怪我なく過ごしてくれれば。

 

新井は3大駅伝に5度出場と大森に次ぐ出場回数を誇りうち3度は区間1桁と安定した走りを見せる選手、4年生はこの3人が中心となっていくことでしょう。他に3大駅伝・予選会出場者はいませんが、ともにハーフで64分台を持つ水野、坂元らにも最後に出場のチャンスを掴んでくれれば。

 

3年生・・・3大駅伝に4度出場し、箱根6区の好走など全て1桁順位で走っている樋口が抜けています。故障が多いのは心配ですが、走れば結果を残す選手なだけに期待です。続くのは3大駅伝にフル出場した廣になるかな。2年時は持ちタイムも着実に伸ばし飛躍の1年となりました。さらに力をつけて主力になってくれれば。福岡も2年に全日本出場を果たしている選手です。

 

復活を期すのは森田、1年のベスト連発から2年は記録会さえ姿を見ない状況…スピード抜群でまた戻ってきて欲しいところなのですが…他にはハーフ63分31秒を持ち、2年連続箱根エントリーの市山、1年でハーフ64分6秒をマーク、直近で5000mベストを更新している光武も3大駅伝デビューが待たれる選手ですね。

 

2年生・・・ルーキーながら大活躍だった高砂、横川がこの学年を引っ張ります。特に高砂は出雲6区3位、全日本4区3位と主要区間で快走と既にエース格の1人となっており、2年時は名実ともにエースへと成長を遂げてくれれば。横川は高砂に比べると安定感に欠ける部分はありますが、1500mもこなすそのスピードは魅力的、ともに中心選手として活躍が期待されます。

 

藤田は持ちタイムでは二人には及ばないですが、全日本で5区9位、箱根では1年にして復路のエース区間9区を任されて12位と上々の走りを見せました。引き続き長い距離で好走が期待されます。他にもハーフで64分台をマークした有馬の他、65分台ランナーもズラッと揃います。2年になり、抜け出す選手が出てきてくれれば。

 

1年生・・・5000mベストで14分10秒台が3人、高橋、戸口、中野と揃います。高橋、戸口はともに都大路1区でもまずまずの走りを見せている選手ですし、即戦力としても期待されるところ。理想を言えば高砂、横川のようにいきなり3大駅伝デビュー&好走というのも見たいですね。

 

中野は中央学院のHPに無かったのがちょっと気になりましたが、雑誌には載っていましたし、間違いないはずなのですが…付属校上がりだからですかね…?高橋、戸口らとともに切磋琢磨して伸びていってくれれば。さらに14分20秒台、30秒台の選手が揃うのは例年通り、川崎監督の育成力で早い時期から戦力となる選手の台頭も期待されます。


PAGE TOP