東京国際大学 【2017年度 戦力分析】 2年ぶり2度目の箱根へ戦力は揃う~

続いては、東京国際大学について、新年度の戦力を見ていきます。2年連続2度目の箱根を狙った前年度でしたが、タイタスが途中棄権だったことに加えて多くの選手が前年度よりも順位を落とし、箱根予選ではまさかの15位に沈みました。今年度は2度目の箱根出場を狙うこととなります。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。

 

 

4年生・・・留学生が2,4年と2人いる状況、4年のスタンレイは2年のタイタスと出場枠を争うこととなります。箱根こそ2区13位と奮いませんでしたが、全日本予選、箱根予選と結果を残し続けているだけに、最終学年は是非とも出場して欲しいところです。日本人も選手が揃っています。

 

箱根で5区7位と好走している濱登、4区11位で走っている鈴木博、7う19位だった山中と箱根経験者が3人いるのは心強いですね。さらに、前回の箱根予選では他に鈴木聖、荒井らが出場しており、選手は豊富。ただ、箱根予選で100位以内は鈴木博のみ。鈴木聖、濱登、荒井はいずれも200位台と苦戦しました。実績のある4年生が箱根予選にどれだけ合わせられるかが予選突破の鍵を握りそうです。

 

3年生・・・4学年で最も苦戦しそうなのが3年生ですが、それでも箱根予選経験者は3人います。ただ、前回出場したのは河野だけで340位に沈んでしまうことに。福田は1年時に154位、梅本は169位で走っており、再びの出場が待たれます。福田、河野は1万mでも30分を切ってきましたし、河野はハーフでも65分きり、2,4年生の充実ぶりが目立ちますが、3年生も結果を残していきたいところ。

 

2年生・・・箱根予選はまさかの途中棄権となったタイタスですが、13分46秒、28分28秒の持ちタイムはやはり魅力的。そのスピードを勝負レースでも魅せて欲しいところ。日本人では伊藤が良いですね。箱根予選では166位でしたが、ハーフで64分13秒まで伸ばし、先日は5000mで14分4秒と日本人トップタイムを叩き出しました。2年時のさらなる躍進に期待。

 

箱根予選でチーム4番手の135位とまずまずの走りを見せた真船もハーフで64分33秒をマーク、持ちタイム・実績ともに魅力的でこの二人が中心となっていくか。1万mのベストが魅力な2年生、他にも29分39秒の佐藤、43秒の鈴木正、46秒の牧野、48秒の内山らがおり、1年時で29分台が6人いるのは非常に頼もしいです。佐藤は箱根予選も出場し205位で走っています。4年とともにチームの中心学年として活躍が期待されます。

 

1年生・・・東国大において過去最高のスカウトと言えるかも。なかでも、既に1万mで29分48秒を持つ高橋は即戦力として期待される選手。14分21秒を持つ内田も5区ですが区間賞という実績があります。さらに、14分20秒台で中島、草場、大西と14分30秒切りが5人いるという楽しみな布陣です。

 

さらに、14分30秒台、40秒台の選手も多く人数も20人近く加わるということで、質・量ともに揃う学年と言えそうです。ここに、現在の力は未知数ですが、5000mで13分23秒のベストを持つ社会人から大学に進んだ渡邉が加わるというのはやはり驚異的。既に選手が揃う東国大ですが、多くの1年がそこに割って入るかもしれません。


PAGE TOP