創価大学 【2017年度 戦力分析】 いよいよシード獲得が現実味を・・・

続いては、創価大学について、新年度の戦力を見ていきます。前年度は全日本予選ではまさかの棄権で出場出来なかったものの、箱根予選は3位通過、箱根でも12位とシード争いに加わってきました。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。そいえば、世田谷のタイムテーブル(PDF)が出ていますね。久しぶりの観戦なので楽しみです。

 

 

4年生・・・箱根を2度経験している選手が3人いますね。中でも、箱根1区を任された大山、箱根3区7位の蟹澤はともに1年からチームの中心選手として活躍し、2度の箱根出場に貢献しています。最終学年でも頼りになる二人でしょう。江藤も2度目の箱根では5区を任されましたし、三澤も初の箱根で9区を走っています。

 

主要区間を走った4人が4年生に揃うというのは、チームにとっても心強いですね。さらにさらに、箱根予選に2度出場した姫宮、1万mで29分40秒を出した玉利などもおり、粒揃いです。やはり、この学年が箱根予選・箱根とチームの中心となっていくことでしょう。

 

3年生・・・ともに苦しい走りにはなってしまいましたが、箱根6区を走った作田、7区を走った古場と箱根経験者2人が中心となっていくか。特に作田は全日本予選でも3組19位と良い走りをしていました。箱根予選でチーム9番手で走っている二宗も箱根出場こそありませんが、安定しています。ハーフで65分ジャストを出した棚橋もいますし、2,4年生が目立つ創価ですが、3年生も負けずに存在感を示して欲しいですね。

 

2年生・・・箱根予選4位、箱根2区4位で走っているムイルがチームのエースとして君臨します。長い距離も既に問題無いですし、スピードも抜群、今年度も大いに頼りになりそうです。続くのは何といっても箱根8区3位で走った米満ですかね。あまり目立った走りを見せていなかっただけに、箱根での快走をビックリしました。あの走りが安定して出来れば脅威になりそう。

 

さらに、ともに箱根予選を100位以内で走り、5区候補と言われる築館、6区候補と言われる吉留も既に戦力として計算出来る選手ですし、箱根はエントリー止まりも、ハーフで63分48秒をマークした上田も今年度飛躍が期待される選手です。1年時から勝負レースでの実績があり、持ちタイムの良い選手が揃う2年生、今後3年間、チームを支える学年であり続けることでしょう。

 

1年生・・・持ちタイムで唯一トップ10に食い込む松本が抜けていますね。14分19秒のベスト、全国の実績は乏しいですが、力のある選手ですし、即戦力として期待されます。他の選手は即戦力としては厳しそうにも見えますが、今の2年生も高校ベストが14分30秒台、40秒台の選手が1年目から活躍しています。新1年生も続いて先輩に続いて欲しいです!!


PAGE TOP