学生ハーフ(2017/03/05)大学別振り返り その4 ~東海、東国大、東農大、東洋、日大~

続いては東海、東国大、東農大、東洋、日大の5校について見ていきます。この5校だと、東海、東国大、東洋はまずまずの結果でしたが、東農大、日大という箱根、箱根予選で苦しんだ大学は学生ハーフでも苦戦する結果に…特に東農大は箱根復活への道がなかなか見えてこないですね。。。

 

<東海大学>

川端が62分47秒のセカンドベストで6位入賞、着実に戻してきました。ルーキーでは初ハーフの館澤が63分14秒で走っていますが、これでも物足りないほど、今年度の実績は抜群です。松尾が63分36秒、湯澤が63分40秒、春日が63分42秒とトップ20に5人も入ってきているんですよね。これは全大学を見渡しても最多です。

 

ベストを出した来年度トップ10の選手が10位に入った館澤だけというのが、東海のレベルの高さを物語りますね。トップ10圏外では三上が64分51秒でベスト、西川が65分49秒で初ハーフを走っています。気になるのは湊谷が65分32秒とまだ復活には遠く…早く完全復活を遂げてほしいですね。

 

<東京国際大学>

伊藤の64分13秒は来年度のチーム2番手のタイムをマークしたのを筆頭に、真船が64分33秒で4番手、河野が64分54秒で5番手とトップ5のうち3人が今回ベストを叩き出しています。伊藤、真船はまだ1年生、ちょっと1,3年生に置いていかれ気味の2年生からも河野が上がってきたのは大きいです。他には3年の上村が初ハーフで66分48秒で走っています。

 

<東京農業大学>

エースの小山が64分43秒でチームトップというのは寂しすぎますね。。。66分切りも他に高良が65分59秒のみ。後は山館が66分17秒でベストをマークしたのが、データベースに登録している中では唯一かあ…小山以外の選手が出てこないと、本当に年々箱根予選で順位が下がっていってしまいそうな気が…

 

<東洋大学>

箱根2区を走った山本修が62分56秒で来年度の3番手となるタイムで8位入賞を果たしました。相澤が63分33秒でセカンドベストにも及ばなかったものの、ハーフでずっと安定していますね。来年度は主力の1人となることに期待。小笹が64分14秒でベストではありますが、ロードでの実績から考えれば、もっとタイムを伸ばしたいところ。

 

他にも64分台で3年の竹下、高森が走ってはいますがこちらももっとタイムは出せそうな気が…全体的には山本修以外もう一歩という印象でした。玉名ハーフでは中村が65分10秒で初ハーフを走っており、こちらも長い距離に対応していってくれれば貴重な戦力となってきそうです。

 

<日本大学>

小笹が65分22秒でセカンドベストをマークしたのが最もタイムが良く、しかも唯一の65分台という散々な結果に…後は阿部が初ハーフで66分52秒で走ったくらいですね。エース級は出場していませんが、来年度ハーフトップ10のうち5~10位は出場しています。

 

トップ10以外でもハーフ65分台、3大駅伝・予選経験者が複数出場したのですが…岡野、町井宏の66分台がまだマシだったくらいで、新関、石垣、石井、川口らは69分オーバーですからね…来年度の箱根予選突破に向けて不安が高まります。。。


PAGE TOP