学生ハーフ(2017/03/05)大学別振り返り その2 ~順天、上武、城西、専修、創価~

続いては順天、上武、城西、専修、創価の5大学について、学生ハーフの結果を自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。そういえば、去年は順大だけが出場していなかったんですよね。今年度は25大学全てが出場を果たしています。来年度に向けて戦力を測るには絶好のレースです。

 

<順天堂大学>

金原が64分13秒で来年度の5位に入るタイムをマークしています。しかし、自己ベストではあったものの、続くのが野田の65分53秒、難波の65分55秒ということでルーキーが苦しい結果に…さらに続くのは66分台ということで、主力が出場していないとはいえ、箱根4位に入った大学としては、ちょっとさびしい結果に終わってしまいました。

 

<城西大学>

ルーキーの宮澤が64分35秒で来年度の10位に入ってきました新年度で10番手が64分35秒というのはとても予選落ちする大学とは思えないですね。しかし、63分台はおらず、セカンドベストの64分19秒をマークした服部がチームトップはもう一歩かなあ。

 

主力が揃って出場していないわけではなく、持ちタイムトップの西嶋は66分後半ですし、主力である山本竜も65分中盤ですからねえ。箱根予選突破を目指すには、やはりベストメンバーを組むことはもちろんとして、しっかりとピーキングを合わせ、持ちタイム通りの力を発揮することが鍵になりそうです。

 

<上武大学>

主将の森田が63分52秒で自己ベストをマークしています。箱根5区の爆走からすれば物足りないかもしれませんが、さすがの走りですね。3年以下では大森が64分51秒、熊倉が64分56秒、関 稜汰が65分6秒でそれぞれ来年度のチーム7,8,10番手に入るなど2年生が好調ですね。

 

石井も66分15秒ですが、ベストを更新してきています。ベストとはなりませんでしたが、淵が65分27秒、橋立が65分48秒、佐藤駿が65分49秒でいずれもセカンドベストをマークするなど中堅どころが安定した走りを見せています。3年中心になるかと思いきや、2年生が来年度のチームを引っ張っていくかもしれませんね。

 

<専修大学>

岩田が64分55秒で来年度の4番手に入るベストを更新していますが、65分きりが1人だけというのはやはり寂しい。14分1桁のスピードがある長谷川が65分12秒で初ハーフを終えたのはまずまずかな。将来のエース候補ですね。トラックで好走したルーキーの横山は67分14秒と苦しい初ハーフとなりました。他には矢澤が65分6秒のセカンドベストで走っていますが、ハーフでもっとタイムを伸ばしてこないと、箱根路への復活はまだ遠そうです。。。

 

<創価大学>

神奈川ハーフでベスト連発だった創価ですが、学生ハーフには主力がほとんど出場してきませんでしたね。そんな事情もあり、チームトップは吉留の65分15秒に留まっています。他には玉利が65分17秒、石嵜が66分ジャストでベストとなっていますね。来年度は65分以内で既に10人揃いますし、さらに中間層の底上げも進んでいるとなれば、2年連続の箱根出場&シード獲得に向けて期待が高まります。


PAGE TOP