2017年度 新入生特集その3 ~日大&中央学院&中央~

続いては平均持ちタイムが14分21秒台の3校、日大、中央学院、中央について今年度&来年度の新入生を見ていきます。持ちタイム3位~8位のうち、箱根順位よりもタイムが上なのは中央学院だけなんですよね。特に明治、日大、中央は13位以上も上ということに…来年度はグッと戦力を上げてくるかも。。。

 

6位:日本大学(14:21.09)…箱根19位

箱根では19位だった日大ですが、新入生の持ちタイムは6位ということに…13分台や14分1桁の選手はいませんが、14分17秒の竹元を筆頭に14分20秒~22秒が4人とタイムが拮抗しています。都道府県対抗で好走している選手が複数いるのが心強いですね。

 

特に5区3位の竹元の走りが素晴らしかったですね。1万m29分23秒の持ちタイムも優秀です。さらに、5区6位の武田も即戦力候補の1人ですね。さらにさらに、1区12位で走った横山もいるんですよね。持ちタイム以上の力があるであろうこの3人はこのまま即戦力としても期待出来そうです。

 

今年度の1年生は8人登録されているんですよね。これは10人いる東海に次いで2番目に多いです。石垣、松木、小坂、廣田、金子、成田と6人も箱根にエントリーされましたしね。しかし、出場した石垣、小坂はともに7区、8区の最下位に沈む厳しい走りになってしまいました。

 

他には阿部が全日本予選に出場、西村が5000mの持ちタイムでトップ10に入ってきましたね。箱根エントリー組でも、松木が全日本、金子が全日本予選、箱根予選に出場していますからね。他の大学と比べても3大駅伝・予選会に出場している選手は多いですね。しかし、チームに貢献する走りというとまだまだ…選手は揃うだけに、ここから抜け出す選手に期待。

 

7位:中央学院大学(14:21.57)…箱根6位

かつてはスカウトで苦しんでいた中央学院ですが、チームの成績が向上し、安定して力のある選手も入ってくるようになり、いい流れできていますね。14分10秒台が3人、高橋、戸口、中野と揃っています。高橋と戸口はともに都大路1区に出場、戸口が18位、高橋が24位ともう一歩という結果でしたが、中野も含めてロードでの実績があります。

 

育成力のある中央学院に入ってここからさらにどれだけ伸びてくるか楽しみですね。横川、高砂のように即戦力として活躍してくれればなおさら最高です。14分30秒以内が5人いるというのも、以前の中央学院からすればビックリ…3年連続シード、ますます強くなりそうです。

 

現1年生を見てみると、4人登録されていますね。既に3大駅伝全てに、それも主要区間を任されている高砂、横川が他の大学を見渡してもルーキーとして抜けています。特に高砂の出雲6区、全日本4区の快走は素晴らしかったです。さらに、藤田も全日本、箱根ともに出場、箱絵ではいきなり復路のエース区間である9区で12位と上々の走りですからね。

 

即戦力として申し分ない活躍を見せてくれています。他にも長山が持ちタイムでトップ10に入っていましたね。人数は多くはありませんが、ルーキーの活躍は目をみはるものがあります。箱根でいきなりルーキーが3人とも主要区間、うち1人は2区という信頼感ですからね。2年以上も決して弱くないのに…来年度、さらなる飛躍を見せて欲しい。

 

8位:中央大学(14:21.63)…箱根予選11位

箱根予選では脅威の連続出場が途切れてしまうこととなった中央大学ですが、来年度の新入生は決して悪くありません。むしろ箱根シード校にも負けないほどに…今のうちに何が何でも立て直さないとですね。持ちタイムは14分10秒台が2人、14分20秒台が3人となっています。

 

特に都大路優勝の立役者の1人、1区5位で走った畝はロードに強く即戦力としての期待大。眞田、加井の二人も強豪校のエースに次ぐ存在として勝負レースでの実績が豊富です。加井は都大路で4区7位と好走もしていますしね。即戦力として活躍し、再び箱根出場を果たすのに貢献して欲しいです。

 

現1年生を見てみると、6人登録されています。1年生主将で13分50秒を持つ舟津に28分台を持つ二井が全日本予選、箱根予選ともに出場を果たしており、来年度は勝負レースでも結果を残していってくれれば。他には安永が全日本予選に出場、安田が箱根予選にエントリーされています。5000mで14分13秒を持つ冨原、14分19秒の飯島がトップ10に入っています。

 

現4年生が抜ける来年度はこの1年生がチームの中心となっていくことでしょう。エース力は2,3年生の方が上回るかもしれませんが、選手が最も揃っている学年でもあります。箱根予選での予選落ちから一気にチームも力を付けてきましたし、再びチームが輝くために、結果を残していって欲しいです。


PAGE TOP